郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 国際郵便 > 「STOP Act」制定による米国宛て記録扱い郵便物発送の際のご注意
Language

国際郵便

「STOP Act」制定による米国宛て記録扱い郵便物発送の際のご注意

2018年8月13日のお知らせに関し、改めまして、米国宛て記録扱い郵便物を発送する際は、オンラインシッピングサービス(国際郵便マイページサービス、国際郵便マイページ サービス for ゆうプリタッチ等)をご利用いただきますようお願いします。

過去のお知らせ内容はこちら

米国において法律「STOP Act」が制定され、2021年1月から米国宛て記録扱い郵便物については、通関に関する情報を事前に送信しない場合、返送もしくは税関・セキュリティ検査により大幅に送達が遅延となるおそれがある旨、米国郵便庁(USPS)から通知がありました。

  • テロ対策のほか、違法薬物等の物品の不正輸入を取り締まるため、USPSが米国に輸入される国際郵便物に対し、通関に関する情報を事前に米国税関に送信することを義務付ける法律

最新のお知らせ内容はこちら

日本郵便が提供しているオンラインシッピングサービス「国際郵便マイページサービス」、「国際郵便マイページサービス for ゆうプリタッチ」を利用して郵便局に米国宛て国際郵便物を差し出していただくと、日本郵便からUSPSに当該郵便物の通関に関する情報を電子的に送信することができます。お客さまには余裕をもってお早目に当社オンラインシッピングサービスによる発送に切り替えていただくことを推奨いたしますのでどうぞご利用ください。

オンラインシッピングサービスのページはこちら

料金・日数を調べる

送り先、送るもの、重さから計算