サイト内検索
日本郵便トップ > 郵便・荷物 > 転居・転送サービス

転居・転送サービス

サービス内容

お引越しの際には、転居届を、お近くの郵便局窓口、ポスト投函、インターネット等でご提出いただくことで、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送します。

  • 転送期間は、届出日から1年間です(転送開始希望日からではありません)。
  • 転送期間経過後は、差出人に郵便物等を返還します。

なお、更新される際には、再度、転居届をお出しください。

また、お客さまの大切な郵便物等を確実にお届けするため、転居届の提出の際に、ご本人(提出者)の確認および転居届に記載された旧住所の確認をさせていただいております。転居される際には、お早目に手続を行ってください。

郵便局をさがす

インターネット(e転居)でご提出いただく場合

※インターネットでのお申し込みには、本人確認済みのゆうびんIDでのログインを行う必要があります。
ゆうびんIDの本人確認は、e転居の登録手順に沿って手続を行ってください。
なお、ゆうびんIDのサービス内容、本人確認の方法は下記サイトをご確認ください。

e転居

ポスト投函でご提出いただく場合

郵便局窓口等に設置している転居届の内容をご確認の上、必要事項の記入および提出者のご本人確認資料の写しを添付し、付属の専用封筒にいれて、切手を貼らずにポストへ投函してください。

<ご本人(提出者)確認資料>
運転免許証、各種健康保険証、運転経歴証明書、在留カード、マイナンバーカード、特別永住者証明書

郵便窓口にお越しの際にお持ちいただくもの

<ご本人(提出者および転居者)の確認>

  1. 個人の転居
    ご本人(提出者および転居者)の運転免許証、各種健康保険証など
  2. 会社、団体等の転居
    社員証、各種健康保険証など窓口へお越しになる方と会社、団体等との関係が分かるもの(転居届の「転居届提出者氏名」欄には、ご提出のお手続きをされる方の氏名を記入してください。)

<旧住所の記載内容の確認>

転居者の旧住所が確認できる運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カードまたは住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの

ご注意

  1. 転居届受付後、次の方法により転居の事実確認をさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承願います。
    • 日本郵便株式会社社員による現地訪問
    • 転居者がご不在の場合、同居人等への転居者の居住の事実確認
    • 旧住所あて確認書の送付(転居届受付時に窓口でご本人(提出者)の確認および旧住所の記載内容の確認ができた場合は行いません。)
  2. 窓口にお越しいただくことができない場合は、転居届にご記入の上、切手を貼らずにポストに投函していただくか、またはインターネットでお申し込みください。
    • インターネットでのお申し込みには、本人確認済みのゆうびんIDでのログインを行う必要があります。
  3. ご希望のお客様に、弊社より以下のご案内等を転居先へ送付する場合があります(転居届に記載された情報を弊社から行政機関・企業等の第三者に提供することはありません)。
    • 行政機関・企業などからお預かりした住所等の変更手続のご案内その他のお知らせ
    • 弊社のサービスに関する情報やみなさまの生活に役立つ情報
     

転居届に関するQ&Aはこちら