サイト内検索

育てる

人生100年時代を乗り切るには、持っているお金を育てることが大切になってきました。

育てるとどんな良いことがあるの?

利回りの違いで、10年後、20年後に大きな差が生まれます。

利回りによる保有資産の違い

長期間使う予定のないお金は、ただ持っているだけではなく、投資信託等で運用して育てることで、高い利回りが期待できます。

  • 一般的にリターンが低い商品はリスクも低く、リターンが高い商品はリスクも高くなります。
グラフ:利回りによる保有資産の違い
  • 上記はあくまでもシミュレーションです。将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

リスクがあるのは不安だな

「資産の分散」「長期保有」「時間の分散」という方法によりリスクを抑えることが期待できます。

資産の分散

投資先を複数の資産に分散することで振れ幅が小さくなるので、リスクを抑えられ損失を抑えることが期待できます。

イラスト:資産の分散

長期保有

投資商品は様々な要因によって値動きが発生しますが、保有期間が長くなるにつれて振れ幅は小さくなる傾向にあるため、安定した収益を得ることが期待できます。

国内株式で運用した場合の投資期間別リターン
(利益・損失率(年率))の変動幅(リスク)

グラフ:国内株式で運用した場合の投資期間別リターン(利益・損失率(年率))の変動幅(リスク)
  • 国内株式:東証株価指数(TOPIX,配当込み)2005年10月~2019年3月のデータを基に、各月末からの投資期間別の最大の利益率・損失率の比較

時間の分散

積立等を活用して、時期をずらして同じ金額ずつ商品を買うと、価格の安いときは量を多く買うことができます。また価格の高いときは買う量が少なくなるため、購入価格が平準化され、価格の急騰や急落の影響を和らげる効果が期待できます。これをドルコスト平均法といいます。

税制優遇制度を積極的に活用することもポイントです。

オススメ投資スタイル診断

自分にぴったりの資産運用タイプを知りたい方はこちら

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら