サイト内検索

高価なものを送りたいのですが、万一の場合の補償はありますか?

代金引換金額が30万円を超える場合

引換金額が30万円を超える場合は、一般書留(ゆうパックの場合はセキュリティゆうパック)とする必要があります。

差し出しの際に損害要償額(内容品の時価を超えない額)をお申し出ください。

万一、こわれたり、なくなったりした場合は

原則として損害要償額の範囲内で実損額を賠償します。

代金引換金額が30万円以下の場合

一般書留、簡易書留(ゆうメール、郵便物に限ります。)、ゆうパックの普通扱いでも補償付きでご利用いただけます。

万一、こわれたり、なくなったりした場合は

  • 簡易書留については原則として5万円を限度とする実損額を賠償します。
  • ゆうパックの普通扱いでは原則として30万円を限度とする実損額を賠償します。

日本郵便株式会社・郵便局窓口に関するよくあるご質問トップ

お探しのQ&Aが見つからない場合は

日本郵便の業務に関するさまざまなご相談やご照会のほか、ご意見・苦情を受け付けています。