日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 企業情報 > ダイバーシティ推進の取り組み

企業情報

ダイバーシティ推進の取り組み

お客さまのライフスタイルや価値観が多様化する中にあっても、全国のお客さまに、豊かで安心なくらしや生活をサポートする商品・サービスをお届けするという日本郵便の使命は不変です。
その使命を、社員一人ひとりが活き活きと個性を発揮しながら果たしていくことができれば、より愛される存在であり続けられると確信しています。

2014年9月には“お客さまに寄り添った女性目線のおもてなしやサービスの強化” 、“女性社員がもっと働きやすく、働き甲斐のある職場づくり”を目指して「女性活躍室」を設置し、2017年4月からは更に多様化した社会を意識した「ダイバーシティ推進室」に名称を変更しました。これからも多様なお客さまに寄り添った商品・サービスをお届けできるように、また、「人で選ばれる郵便局」であり続けるために、社員一人ひとりの多様性を尊重し、積極的に生かすことにより社員力を育て、取り組みを進化させてまいります。

代表取締役社長 横山 邦男

ダイバーシティ推進の取り組み方針

少子高齢化で労働力人口の減少が見込まれる中、多様な人材の能力発揮を支援することが重要です。

また、郵便局にご来局されるお客さまの多様化するライフスタイルに応じたニーズへの対応が課題です。

こうした中、社員の多様な価値観を尊重し、積極的に取り入れることで、社員の意識向上・活躍推進、管理者の意識改革、働きやすい職場づくりに取り組み、社会全体のダイバーシティ推進に貢献します。

目指す姿

日本郵政グループが目指す「トータル生活サポート企業」として、社員一人ひとりの自分らしい生き方を応援し、お客さまのよろこびを私たち社員の成長とともに実現します。

  • トータル生活サポート企業とは
    お客さま一人ひとりの多様なライフスタイルやライフステージにお応えするさまざまな商品・サービスを全国の郵便局ネットワークを通じてご提供させていただくことにより、お客さまが安全・安心で、快適・豊かな生活・人生を実現することをサポートします。

取り組み方針

全国13支社にダイバーシティ推進担当を設置し、方針に沿って取り組んでいます。

  • 社員の意識向上・活躍推進(キャリア意識の向上)
  • 管理者の意識改革(ダイバーシティ意識、マネジメント力向上)
  • 働きやすい職場づくり(両立支援、多様な価値観の理解、働き方改革)

具体的な取り組みはこちら

女性管理者登用目標

2021年4月1日までの女性管理者割合10%を目標としています。

VOICE

日本郵便は、ダイバーシティ推進室を設置し、多様化するお客さまニーズへの対応、社員の力を活かす取り組みを行っています。

私たちダイバーシティ推進室のゴールは、社員一人ひとりが自分らしく力を発揮し、お客さまにたくさんの喜びをお届けすることです。全員がそのゴールを目指す、前向きな日本郵便でありたい。
今年度も、皆さまの不安や悩みに向き合い、一人ひとりに寄り添うことで、一緒に歩んでいく組織作りを目指します。
全員が一歩前へ!お客さま、社員のための取り組みに力を注ぎます。

ダイバーシティ推進室長 丸山 元彦

日本郵便を支える社員のチカラ

蒲郡郵便局長
鈴木 弘江
 

2016年から、全国でも少ない、配達を受け持つ郵便局の女性局長として、地域の生活の拠点を間近で支え、地域に貢献し、お客さまの笑顔が見える郵便局を目指し、業務に取り組んでいます。

温暖な気候の海辺の街、特産品の「蒲郡みかん」が有名です。お客さまから愛され、信頼されるよう社員とともに笑顔、元気をお届けしています。(画像は「蒲郡みかんポスト」)

金沢近江町
郵便局長
宮田 優未子

2010年から、古都金沢の観光と食文化を支える近江町市場の近隣にある窓口郵便局長に就任。当初は北陸支社ビル1Fにありましたが、新築移転を経て現在に至ります。観光客や女性に優しい郵便局をコンセプトに、地域から愛される郵便局を目指しています。

「日々、お客さま視点を心がけ、想いを外に表し、考動できる人であり続けることが目標です。」