サイト内検索
日本郵便トップ > 企業情報 > ダイバーシティ推進の取り組み

企業情報

ダイバーシティ推進の取り組み

ダイバーシティ推進の取り組み方針

少子高齢化で労働力人口の減少が見込まれ、お客さまのニーズが多様化する中、多様な人材の能力発揮を支援することが重要です。

そのため、性別、国籍、新卒・中途採用の別にかかわらず、社員が最大限のパフォーマンスを発揮でき、自主的・自律的に成長・挑戦できる人材育成・社内環境に取り組んでまいります。

また、社員の多様な価値観を尊重し、積極的に取り入れることで、社員の意識向上・活躍推進、管理者の意識改革、働きやすい職場づくりに取り組み、新たな価値創造等につなげるダイバーシティを推進します。

目指す姿

日本郵政グループが、お客さまと地域を支える「共創プラットフォーム」を目指す中で、社員一人ひとりの自分らしい生き方を応援し、お客さまのよろこびを私たち社員の成長とともに実現します。

  • お客さまと地域を支える「共創プラットフォーム」とは
    当社グループの最大の強みである郵便局ネットワークにより、グループ内で一体的なサービスを提供していくとともに、これまでになかったグループ外の多様な企業等との連携を行うことで、地域において生活するお客さまが、安全・安心で、快適で、豊かな生活・人生を実現することを支えます。

取り組み方針

全国13支社にダイバーシティ推進担当を設置し、方針に沿って取り組んでいます。

  • 社員の意識向上・活躍推進(キャリア意識の向上)
  • 管理者の意識改革(ダイバーシティ意識、マネジメント力向上)
  • 働きやすい職場づくり(両立支援、多様な価値観の理解、働き方改革)
具体的な取り組みはこちら

女性管理者登用目標

2031年4月1日までに、本社管理者に占める女性割合30%を目標としています。