日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 企業情報 > ダイバーシティ推進の取り組み

企業情報

ダイバーシティ推進の取り組み

お客さまのライフスタイルや価値観が多様化する中にあっても、全国のお客さまに、豊かで安心なくらしや生活をサポートする商品・サービスをお届けするという日本郵便の使命は不変です。
その使命を、社員一人ひとりが活き活きと個性を発揮しながら果たしていくことができれば、より愛される存在であり続けられると確信しています。

2014年9月には“お客さまに寄り添った女性目線のおもてなしやサービスの強化” 、“女性社員がもっと働きやすく、働き甲斐のある職場づくり”を目指して「女性活躍室」を設置し、2017年4月からは更に多様化した社会を意識した「ダイバーシティ推進室」に名称を変更しました。これからも多様なお客さまに寄り添った商品・サービスをお届けできるように、また、「人で選ばれる郵便局」であり続けるために、社員一人ひとりの多様性を尊重し、積極的に生かすことにより社員力を育て、取り組みを進化させてまいります。

代表取締役社長 横山 邦男

ダイバーシティ推進の取り組み方針

少子高齢化で労働力人口の減少が見込まれる中、多様な人材の能力発揮を支援することが重要です。

また、郵便局にご来局されるお客さまの多様化するライフスタイルに応じたニーズへの対応が課題です。

こうした中、社員の多様な価値観を尊重し、積極的に取り入れることで、女性活躍の推進、多様な社員力の活用、働き方の見直しに取り組み、社会全体のダイバーシティ推進に貢献します。

目指す姿

日本郵政グループが目指す「トータル生活サポート企業」として、社員一人ひとりの自分らしい生き方を応援し、お客さまのよろこびを私たち社員の成長とともに実現します。

  • トータル生活サポート企業とは
    お客さま一人ひとりの多様なライフスタイルやライフステージにお応えするさまざまな商品・サービスを全国の郵便局ネットワークを通じてご提供させていただくことにより、お客さまが安全・安心で、快適・豊かな生活・人生を実現することをサポートします。

取り組み方針

全国13支社にダイバーシティ推進担当を設置し、方針に沿って取り組んでいます。

  • 女性活躍の推進(社員・管理社員の意識改革、女性の職域拡大)
  • 多様な社員力の活用(多様な社員を受け入れ活かすための環境整備)
  • 働き方の見直し(誰もが働きやすい郵便局の職場づくり)

具体的な取り組みはこちら

女性管理者登用目標

2021年4月1日までの女性管理者割合10%を目標としています。

VOICE

日本郵便は、ダイバーシティ推進室を設置し、多様化するお客さまニーズへの対応、社員の力を活かす取り組みを行っています。

女性のお客さま、社員に目を向けて行ってきた取り組みの花は、あらゆる人の多様な価値観、ライフスタイルの実現に向けたダイバーシティ推進へとひろがり、さまざまな色、形の花となって咲き続けます。
日本郵便の多様な社員一人ひとりの力を集め、お客さまの元へ。皆様が望む人生を実現するお手伝いをしたい。
喜びをお届けする地域の拠点となるよう、郵便局から笑顔と元気の輪をひろげていきます。

ダイバーシティ推進室長 濵本 眞由美

日本郵便を支える社員のチカラ

湯浅郵便局長
杉木 真弓
 

2017年から、全国でも少ない、配達を受け持つ郵便局の女性局長として、自然豊かな地域の交流や振興の役割を担う郵便局を目指し、活動を広げています。

「地域で育まれた特産品のご紹介やお子さま向けの絵手紙教室開催等を通じたふれあいの場は宝物です。地域の良さ、人の温かさを感じる瞬間が、仕事のやりがいにつながっています。」

宮崎月見ケ丘郵便局長
黒木 順子

2016年から、自然豊かな歴史ある住宅地域に建つ窓口郵便局の局長に就任。高齢化が進む地域を支えるため、積極的な声かけや交流の機会づくりの他、視野を広げ、地域の課題を共有する女性経営者の異業種交流会にも参加しています。

「異業種交流で得た視点を活かし、郵便局の存在価値を高めるために、力を尽くします。県内唯一の女性局長として、後進を育成することも私の使命です。」