日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


企業情報

人と共に

人材の育成

人的依存度の高いサービスを提供する当社にとって、人財は最も重要な経営資源との認識に立ち、期待された役割に対して、積極的に自らの能力を向上させ、成長を図ることが可能となるよう人財育成体系を充実させるとともに、働き方改革や女性活躍推進に取り組んでいます。

社員研修

社員一人ひとりが、活き活きと笑顔で自信を持って地域のお客さまに接することができるように商品・業務知識、接遇・マナーの向上などを図り、地域から信頼される存在となるよう、集合研修、OJTおよび自己啓発により社員育成を実施しております。

働き方改革

仕事の見直しを郵便局や各拠点で進め、長時間労働の是正や組織の活性化、生産性向上を目指す取り組みを行っています。

働き方の見直し

ダイバーシティの推進

ダイバーシティ推進の取り組み

社員の多様な価値観を尊重し、積極的に活用することで、女性管理者登用率向上、働き方の見直し、多様な社員力の活用を目指し、社会全体のダイバーシティ推進に貢献します。

ダイバーシティ推進の取り組み

「郵便局ありがとうセンター」

障がい者雇用を促進するため、2011年6月、日本郵便東京支社内に「郵便局ありがとうセンター」を設立しました。
障がいがある社員(男女約20名)が、東京支社社員とともに、キャンペーンちらしの袋詰めやシュレッダー作業などに取り組んでいます。各人が目標を設定して仕事に取り組むことで仕事の質やスピードも向上し、一人ひとりの満足と成長に繋がっています。

人権啓発の取り組み

お客さまや社員一人ひとりの基本的人権を尊重し、個人の個性や能力を最大限発揮できるような職場づくりに努め、差別、人権侵害、ハラスメント等を防止する取り組みを積極的に行っています。

ハラスメント・相談体制の整備

社員の健康管理(ストレスチェックの実施)

日本郵便は、2016年度から常時勤務する全社員を対象にストレスチェックを実施しており、9割以上の社員が受検しています。