サイト内検索

「年賀はがき」のDM(ダイレクトメール)で販売促進活動を始めませんか?

新年は「年賀はがき」のDMでアプローチ。
年始のごあいさつや新年キャンペーンなど、
幅広い層に効果的にリーチできるので、
売り上げアップや新規顧客の開拓が期待できます。

年賀はがき販売期間 2021年11月1日(月)~2022年1月7日(金)

「年賀はがき」のDMがおススメな理由

  • Point1 元日に年賀状と一緒に届く

    新年のごあいさつ状として元日に届くので、自然に目を通していただけます。

  • Point2 お年玉くじ付きだから捨てられにくい

    現金30万円などが当たるお年玉くじが全てに付いています。

  • Point3 予算に応じて販売促進活動ができる

    予算に応じて予算10,000円なら約150通送れます

    ※63円/通で算出。使用するはがきの種類により、金額は異なります。なお、印刷代などの諸経費は、お客さま負担となります。

まずは 気軽にトライ!

予算10,000円なら約150通※送れます

※ 63円/通で算出。使用するはがきの種類により、金額は異なります。
なお、印刷代などの諸経費は、お客さま負担となります。

既存顧客へのごあいさつに「年賀DM(ダイレクトメール)」

大切なお客さまに、ピンポイントでアプローチ。
日頃の感謝の気持ちと
新年へのごあいさつを兼ねたDMなら
お客さまとの関係性の強化につながります。

店舗や企業の販売促進にDMが効果的

  • 約8割のお客さまが
    「取引経験のあるお店からのDMは
    受け取りたい」と思っている
    76.5%
  • 約6割の人が自分あてのDMを閲読

    DMを受け取った人のうち63.1%の人が開封・閲読しています。

    DMの開封・閲読率 63.1%
  • 「オフィシャルできちんとしている」と
    感じるお客さまが多い

    日本郵便株式会社が発行するはがき(料額印面が付いているはがき)は、私製はがきより好印象という結果に。企業の信頼感を高めます。

    オフィシャルできちんとしていると感じている人の割合 日本郵便株式会社が発行するはがき 36.5% 私製はがき 20.5%
  • 約4割のお客さまが
    Webサイトにアクセス

    DMを受け取った人の38.5%が二次元コードなどからのアクセス経験があると回答。Webサイトへの誘導にも効果が見込まれます。

    DMからのアクセス経験 38.5% (二次元コードなどでWebサイトに誘導)

※ 一般社団法人日本ダイレクトメール協会出典「DMメディア実態調査2020」の調査結果に基づいた値です。

新規顧客の獲得に「年賀タウンメール」※1

顧客リストがなくても町丁目単位や
マンション単位※2でDMが送れるので、
新年のキャンペーンや地域の皆さまへの
新年のごあいさつをきっかけに
集客や売り上げアップが期待できます。
新聞を購読していない世帯や
チラシをポスティングできないマンションにも
アプローチできます。

引受期間
2021年12月15日(水)~2021年12月24日(金)

  • 元日に年賀状の配達がある世帯・事業所に、あて名の記載を省略した「年賀はがき」のDMを他の年賀状と一緒に配達するサービスです。
    ご利用には条件があります。詳しくはお近くの郵便局にお尋ねください。
  • 30世帯以上のマンションからご指定いただけます。ただし、主に特別区・政令指定都市のある都道府県、その他の県は県庁所在地などが対象です。

ご利用方法も簡単!

  1. STEP1 DMのデザインを作る
  2. STEP2 あて名の記載を省略したDMを
  3. STEP3 郵便局へ
  4. STEP4 指定エリアに配達されます

エリアをしぼってターゲット層に効率的にアプローチ

オフィスが中心のエリア シニア層が多いエリア 単身層が多いエリア ファミリー層が多いエリア マンション※にピンポイントで配達することも

※ 30世帯以上のマンションからご指定いただけます。
ただし、主に特別区・政令指定都市のある都道府県、
その他の県は県庁所在地などが対象です。

詳しいご利用方法はこちら
  1. 1 | 配達希望エリアを決める
  2. 2 | 郵便局に問い合わせる
  3. 3 | 「年賀はがき」を準備する
  4. 4 | 郵便局の窓口へ
  1. 1

    配達希望エリアを決める

    「年賀タウンメール」の配達を希望するエリアを○○町(または○○町○丁目)単位でお決めください。マンション単位のご指定も可能です。

  2. 2

    郵便局に問い合わせる

    配達希望エリアをお伝えください。
    郵便局から「配達に必要な通数」と「配達を担当する郵便局」をご案内いたします。
    お近くの郵便局にお尋ねください。

    郵便局をさがす
  3. 3

    「年賀はがき」を準備する

    1. 配達に必要な枚数の「年賀はがき」をお買い求めいただき、デザインを作成、はがきに印刷してください。

      あて名面には、

      A「配達エリアを表す文字
      B「配達地域指定」

      の文字を記載してください。

      ※「〇〇町にお住まいの皆さまへ」
      「〇〇マンションにお住まいの皆さまへ」など。

      郵便はがき A 〇〇市△△町にお住まいの皆さまへ B 配達地域指定
    2. 「配達を担当する郵便局」ごとに、配達地域指定年賀特別郵便物差出票(PDF40kバイト)を2部、ご準備ください。

      【例】配達を希望するエリアが、A郵便局エリアとB郵便局エリアの場合
      A郵便局:2部 +
      B郵便局:2部 = 合計4部
      必要となります。

    3. 準備した「年賀タウンメール」を、配達エリアごと(または一定の通数ごと)に分けてください。

    4. 適宜白色の用紙に、下の【作成例】により必要事項を記載してください。
      3.で分けていただいたそれぞれの最上部に、必要事項を記載した用紙を載せ、紐などで束ねてください。

      作成例 〇〇町(1丁目)...配達エリアの名称 123-4567...郵便番号 〇〇郵便局...配達を担当する郵便局の名称
  4. 4

    郵便局の窓口へ

    3-4.で束ねていただいた「年賀タウンメール」を、3-2.でご用意いただいた「配達地域指定年賀特別郵便物差出票」2部とともに、郵便局へお出しください。

    ※ ポストへの投かんはできません。

    配達エリアごとに束ねていただいた「年賀タウンメール」+「配達地域指定年賀特別郵便物差出票」2部