#
郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 郵便・荷物 > e内容証明(電子内容証明サービス)

e内容証明(電子内容証明サービス)

インターネットを通じて、内容証明郵便を24時間発送できるサービスです。Wordファイルで作成した内容証明文書をインターネット上にアップロードしていただければ、当社の完全自動化された機械で、印刷・照合・封入封かんし、内容証明郵便として発送します。

e内容証明の流れ

e内容証明のメリット

1.価格

  • 文字数が多い場合、または複数通を発送する場合(謄本一括返送時)e内容証明の方が郵便局窓口より料金がお得に!
  • 封筒や用紙を用意する必要がなく、印刷も不要!オフィス用品のコスト削減に!

2.時間・手間

  • 郵便局に行く手間、混雑時の窓口での待ち時間なし!
  • 内容証明文書を外へ持ち出す必要がないため、セキュリティも安心!
  • 差込差出し機能を使えば、受取人ごとに内容(氏名・住所・金額等)が異なる文書を100通までまとめて発送でき便利!
  • 従来は発送前のe内容証明文書を1通ずつ確認していただいていましたが、2017年10月より、100通まで一括で内容証明文書をダウンロードし、一括で確認することが可能になり、さらに便利に!

ご利用の流れ

  1. e内容証明の専用Webサイトにログインします。
    • ご利用には無料の利用登録が必要です。新規利用登録はこちら
  2. Wordファイルで作成した内容証明文書をアップロードし、差出人およびあて先を入力します。
  3. クレジットカードまたは料金後納で支払いを行います。
  4. アップロードいただいた内容証明文書を当社の完全自動化された機械で、印刷・照合・封入封かんし、内容証明郵便として発送します。
    お申し込みをした(「差出」ボタンを押した)時点の日付で、内容証明文書に日付が印字されます。
  • 詳細は専用Webサイトでご確認ください。

e内容証明専用Webサイト

ご利用料金

  • 郵便局の窓口で差し出す内容証明文書が2枚以上※1の場合、e内容証明の方が料金がお得です!
    例 内容証明文書が3枚(約1500文字)の場合の料金
  1. 郵便局の窓口で差し出す場合の内容証明文書の文字数は1枚当たり520文字です。
    郵便局の窓口で内容証明郵便を差し出す場合のサービス内容および料金の詳細については、こちらをご確認ください。
  2. e内容証明については、1枚あたり1,584文字を目安(Microsoft Word標準設定時:10.5pt明朝体、行間1行、文字間隔標準における文字数)としています。料金の詳細は下記e内容証明料金表をご確認ください。

ご利用料金表

  料金
郵便料金 (1)郵便料金 82円
内容証明
関連料金
(2)電子郵便料金 ①電子内容証明文書1枚目 15円
②電子内容証明文書2枚目以降1枚ごとに(5枚まで) 5円
(3)内容証明料金 ①電子内容証明文書1枚目 375円
②電子内容証明文書2枚目以降1枚ごとに(5枚まで) 353円
③同文内容証明(2通目以降1通ごとに(100通まで)) 206円
(4)謄本送付料金 ①通常送付 298円
②一括送付(受取人数100人まで) 494円
(5)一般書留料金 430円

料金の例

e内容証明文書1枚、謄本の送付方法が通常送付の場合。
(1)+((2)の①)+((3)の①)+((4)の①)+(5)
82円+15円+375円+298円+430円=1,200円

同文内容証明

同時に2通以上のe内容証明郵便物を差し出す場合において、その内容文書が同一内容のもの。

一括送付

同一差出人が同時に複数のe内容証明郵便物を差し出す場合、これらの謄本をまとめて差出人に送付する方法。(受取人数100名まで一括差出し可能です。)

  • 差出人や受取人の自動挿入によって、料金の計算対象となるe内容証明文書の枚数は、Microsoft Wordで作成されたページ数よりも増える場合があります。同文内容証明を差出しの際に、差出人あての謄本のみに含まれる「添付紙」、「連記紙」は、料金計算の対象外です。

e内容証明と併せてご利用可能なオプションサービス

配達証明および速達をご利用いただけます。

  料金
配達証明 310円
速達 280円

e内容証明と郵便局窓口で内容証明をご利用した場合の料金比較

郵便局窓口での内容証明は、1枚520文字までと定めていますが、e内容証明は文字数を定めておらず、Wordの標準的な設定で記入した場合は1枚に1,584文字記載できます。

  1. 窓口での内容証明文書の枚数が1枚のみの場合、12通までは窓口の方が安価、13通以上はe内容証明の方が安価となります。
  2. 窓口での内容証明文書の枚数が2枚以上の郵便物がある場合、1通からe内容証明の方が安価となります。

その他に、印刷・用紙・封筒の調製費用、また郵便局へのお持ち込みの手間が不要となります。

  1. 郵便局の窓口で発送する場合、内容証明文書の文字数は1枚当たり520文字です。
    郵便局の窓口で内容証明郵便をご利用される場合のサービス内容および料金の詳細については、こちらをご確認ください。
  2. e内容証明については、1枚あたり1,584文字を目安(Microsoft Word標準設定時:10.5pt明朝体、行間1行、文字間隔標準における文字数)としています。料金の詳細は下記e内容証明料金表をご確認ください。
  3. 謄本一括返送は、100通までです。

e内容証明の作成規定

e内容証明文書を作成するに当たり、当社指定の雛形(Wordファイル)を使用していただく必要があります。

雛形ファイルは以下からダウンロードしてご利用ください。

  1. 文書ファイル雛形(A4縦置き・横書き)
    文書ファイル雛形(A4縦)(DOCX14kバイト)
  2. 文書ファイル雛形(A4横置き・縦書き)
    文書ファイル雛形(A4横)(DOCX14kバイト)
  3. 差込差出用ファイル雛形
    差込差出し用ファイル雛形(ZIP850kバイト)

e内容証明文書の規定は次のとおりです。

項目 規定
文書作成ソフト Microsoft Word 2010, 2013, 2016
文書枚数 最大5枚まで
文字ポイントサイズ 10.5ポイント以上145ポイント以下
用紙レイアウト(注2) A4縦置き・横書き A4横置き・縦書き
余白 上左右:1.5cm以上 上下右:1.5cm以上
下:7cm以上(全ページ) 左:7cm以上(全ページ)
文字の種類 JIS第1、2水準範囲の文字(外字はサポートしません。)
図・表 使用できません
文字の装飾 太字・斜体のみのサポート
(その他装飾はエラーとなります。)
  1. 規定の余白を設定済みのMicrosoft Word文書ファイル雛形を使用しないで作成された文書は差出しできません。
    必ず文書ファイル雛形を使用して作成してください。
  2. 縦置き、横置きの混在する文書はエラーになります。


(C) JAPAN POST