サイト内検索
日本郵便トップ > 企業情報 > CSRの取り組み > 年賀寄付金による社会貢献事業助成

新着情報

過去の新着情報

寄付金事業のご紹介 ~笑顔のバトンリレー~

年賀寄付金事業をアニメーションで紹介しています。
ぜひご覧ください。(1分27秒)

寄付金の使い道-あなたの気持ちはこんな活動を支えています。-

社会福祉の増進を目的とする事業

活動・一般

高齢者等の余暇活動支援のための自転車タクシー運用実験

特定非営利活動法人シクロツーリズムしまなみ
  • 助成金額 216万円
  • 地域 愛媛県
特定非営利活動法人シクロツーリズムしまなみ
  • 助成金額 216万円
  • 地域 愛媛県
愛媛県今治市は、しまなみ海道の佳境エリアで多くの人がサイクリングを楽しんでいる。自転車で旅をするということを地域独自の資源として育てるために2009年に事業をスタートして住民の協力を集め、今では400軒を超える世帯が軒先を休憩スペース「サイクルオアシス」として提供するようになった。また、高齢化が進む中で「買い物に行けない」「車では行けないところを散策したい」という声をもとに、自転車タクシー事業を開始。住民利用のニーズと観光誘客のニーズの相乗的試行として、自転車タクシーの修繕、運行エリアの関係機関やステークホルダーとの協議を行った。

乗車体験会、サイクリングガイドツアー

自転車タクシー乗車体験を2回、サイクリングガイドツアーを3回実施。並行してドライバーの確保を意識した「ガイド育成会」を行なって地元から担い手を募集し、大学生等を中心とした参加者が安全運行のための技術等を取得した。起終点となる停留所「サイクルオアシス」には目印となるサイン整備を行なった。

体験会参加者・・・53
ガイド育成・・・3

ツール製作、しくみの検討

「サイクルオアシス」を停留所として活用した最適な周遊ルートを選択し、定期的な運行に向けた基盤を整え、停留所等の起終点周辺での、飲食、ショッピング、散策等を楽しむための情報誌を製作した。

マップ・情報誌発行
・・・13,000部(各)

活動の成果

地域の福祉サービス、新たな観光資源として運行中!

自転車の「ゆっくり回遊できる」という特徴を活かして、町の歴史を伝えたり、新たな視点で町を楽しんでいただくと共に、地元企業からの広告料も得ることができた。また、呉服屋やホテル等と連携し、観光客が自転車タクシーで回遊できる観光資源開発にも着手している。

代表者の言葉

特定非営利活動法人
シクロツーリズムしまなみ 代表理事
山本 優子

年賀寄付金のご支援をいただき、自転車タクシーの運用実験を行うことができました。しまなみ海道を有する今治市というまちには、世界から注目される自転車で渡れる橋がかかっています。自転車タクシーは短時間で楽しめる今治らしい乗り物です。親子からお年寄りの方まで気軽に楽しめますので、ぜひ遊びにください。これからも、自転車を使ったまちづくりで今治を盛り上げていきます。

  • 上記「高齢者等の余暇活動支援のための自転車タクシー運用実験」の事例詳細およびその他事例については、下記【過去活用事例】「2018年度年賀寄付金配分事業 活用事例」をご覧ください。

過去活用事例

助成金説明会の開催

全国各地の会場で助成金説明会を開催しています。
説明会では助成制度について年賀寄付金事務局担当者が、助成制度の概要や審査のポイント、申請書の書き方等を説明します。

助成金説明会開催スケジュール

開催日時 都道府県 会場 お問い合わせ先
2021年6月13日(日)
10:00~11:30
神奈川県 ふれあい会館(ざまコミュニティプラザ)
2階 81会議室
座間市民活動サポートセンター
http://zamat.genki365.net/
TEL:046-255-0201

ご希望に応じて全国で助成金説明会を開催いたします。
謝礼金や交通費等はいただきません。
詳しくは、年賀寄付金事務局(TEL:03-3477-0567)までご連絡ください。

ライブラリー

寄付について

日本郵便は、寄付金付年賀はがきや切手を通じて、皆さまからお預かりした寄付金を大切に社会に役立てていきたいと考えています。また、日本郵便は、寄付について考えるきっかけをつくる活動「寄付月間」の取組に賛同しています。

寄付月間 -Giving December-

日本郵便は寄付月間の賛同パートナーです。

組織評価について

日本郵便では、皆さまからお預かりした寄付金を大切に社会に役立てていくため、民間公益団体の組織基盤の強化や透明性の向上による適切な事業運営を重視しています。

助成金申請書に使える第三者組織評価で信頼性をアピール