サイト内検索

切手タイムズ2020年5月

切手で相撲を楽スモウ!
私はこちらを押し出し中!

日本の伝統・文化シリーズ
第3集

今回は、「日本の技」の中から「大相撲」がテーマ。
伝統的な錦絵とポップなイラストで、伝統と新しさをミックスした切手です。

63円シート

84円シート

63円 イラストのこだわりとは!?
「まじめ寄りのふつう」
テイストで決着

「ゆるい」テイストのイラスト案

 今回のデザイン制作にあたり、相撲博物館やショップなどリサーチに時間を費やし検討しました。
 イラスト案の中でも、若い方にも伝わりやすいものにしたかったので、「ゆるい」感じを取り入れた案など、「まじめ」「ふつう」「ゆるい」の、3段階のテイストの案を作成し、それらの中から絞っていきました。結果的には、「まじめ寄りのふつう」に落ち着きました。
 また他にも、「ちゃんこ鍋」、「塩をまく力士」も検討しました。決まり手もたった四手に絞ることは苦しい作業でした。複数のデザイン案から検討を重ね、現在のデザインとなりました。

84円 相撲絵シリーズの切手が復活!

今回はなんと42年前の切手が、今の料額で再登場!ぜひ違いを楽しんでみてください。

相撲絵シリーズ第1集(1978)

84円シート
「秀ノ山雷五郎横綱土俵入之図」

まめ知識「横綱土俵入り」

大関以下の関取の土俵入りは、東方、西方それぞれ全員で行いますが、横綱は単独で土俵入りを行います。
その型には次の2種類があります。

雲竜型

※ 四股を踏む…力士が土俵の上で片足を高くあげ、強く地を踏む所作。

不知火型
新型コロナウイルスの影響で、大変な状況の中ですが、こんな時こそ、この力強い切手で、身近な方へ元気を伝えるお便りを送りませんか?