郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 国際郵便 > よくあるご質問 > EMS > ラベルの記載について
Language

国際郵便

ラベルの記載について

EMSラベルにある「HSコード」とは何ですか?

HSコードとは、国際貿易商品の名称及び分類を世界的に統一する目的のために作られたコード番号であり、貨物を輸出入する際の品目分類に用いる輸出入統計品目番号のことです。
輸出入統計品目番号は、輸出入されるあらゆる品目を9桁又は10桁の数字で表します。(最初の6桁は世界共通の番号で、後の3桁又は4桁は品目をさらに細分化するために使用されており、各国によってその番号は異なります。)
HSコードが税関告知書に記載されることによって、日本からの輸出及び名あて国での輸入通関の際、税関職員がそのコードをもとにして該当する品目の関税等の税率を容易に調べることができますので、通関手続の時間短縮に資するものとなります。
EMSラベルへのHSコードの記入は必須ではありませんが、未記入の場合は通関手続に時間がかかることがあります。HSコードをお調べになりたい場合は、最寄の税関官署にお問い合わせください。(HSコードの詳細については、税関ホームページでも確認できます。)

お探しのQ&Aが見つからない場合は

国際郵便のご質問にお答えいたします。