日本郵便
すべてを、お客さまのために。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 会社統合に関するご質問に…

会社統合に関するご質問について

平成24年9月20日

来る2012年(平成24年)10月1日、「郵便局株式会社」と「郵便事業株式会社」は会社統合により「日本郵便株式会社」となります。これに伴い、「郵便局株式会社の郵便局」及び「郵便事業株式会社の支店」は、日本郵便株式会社の郵便局となります。

こちらでは、会社統合に関して、お客さまからのご質問にお答えするとともに、郵便に関するお知らせを掲載しております。

会社統合後も、郵便事業は、これまで以上にお客さまのお役に立てるよう全力を尽くしてまいりますので、引き続きご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。

Q&A

Question:押印サービス(「記念押印」及び「引受消印」)はどうなるの?
Answer :変更はございません。

日付印には、旧郵便事業株式会社の日付印(年活字に下線が入らない日付印)と旧郵便局株式会社の日付印(年活字に下線が入る日付印)の2種類がございます。

窓口で押印サービスをお申し込みいただく場合は、実際に窓口で使用している日付印で押印するため、お手数をおかけしますが、次のとおり、それぞれの窓口で押印サービスをお申し込みください。
(1) 旧郵便事業株式会社の日付印による押印サービスは、ゆうゆう窓口(旧郵便事業株式会社窓口)
(2) 旧郵便局株式会社の日付印による押印サービスは、郵便窓口(旧郵便局株式会社窓口)

ただし、一部の郵便局では、郵便窓口(旧郵便局株式会社窓口)の営業時間中は、ゆうゆう窓口(旧郵便事業株式会社窓口)を閉鎖いたしますが、旧郵便事業株式会社の日付印での押印サービスをご希望の場合は、お申し出ください。

また、「郵頼」により押印サービスをお申込みいただく場合は、旧郵便事業株式会社・旧郵便局株式会社のどちらの日付印による押印サービスの希望であるかが区別できるよう、お手数をおかけしますが、お申込み封筒の表面等に希望する日付印を明瞭に記載してください。

(注1)どちらの日付印を希望しているか区別がつかない場合は、原則として、「旧郵便事業株式会社の日付印(年活字に下線が入らない日付印)」を押印いたします。
(注2)新しく発行する切手の郵頼については、お申込みいただける郵便局等を限定しています。お申込方法などの詳細については、日本郵便株式会社Webサイトでご確認願います。