日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > お知らせ > 私が切手に。「フレーム切手」新シートの発行

お知らせ

私が切手に。「フレーム切手」新シートの発行

平成19年11月1日(木)より申込み受付開始!

平成19年9月12日

概要

「フレーム切手」は平成18年9月1日より販売を開始した、
お客さまの写真やイラストを加刷するスペースを設けたフレーム(額縁)状の切手です。
これまでの「シルバー」「フラワー」(各80円切手×10枚)の2種に加えて、
平成19年11月1日(木)から、
新たに「ブルー」(80円切手×10枚)「グリーン」(50円切手×10枚)が加わります。

50円切手シートが仲間入り
お客さまよりご要望が多かった50円切手シートが加わります。

用途が広がるシンプルデザイン
写真やイラストを引き立てる、淡い色合いのシンプルな意匠です。

アイデア次第でオリジナリティアップ
これまで固定のデザインが入っていたバックシート(切手シート上部余白)部分もシンプルなデザインにすることで、イラストを描いたり、寄せ書きしたり、思い出の写真をはり付けたり、お客さまのアイデアを活かせるオリジナルスペースとしてご利用いただけます。(別添3「たとえばこんな使い方」をご覧ください。)

  • ご注意
  • バックシートにイラスト等を描く際には、切手の印面部分を汚染したり、き損したりしないようにご注意ください。
    印面が汚染・き損された郵便切手は無効切手となり、使用できないほか、交換にも応じられません。
  • 「フレーム切手」のバックシート部分にプリンター等で印刷を加えないでください。
    プリンター等で印刷を加えますと、シール式の切手がはがれてプリンター内部に残り、故障の原因となるほか、切手の印面を汚染・き損する恐れがあります。
  • 日本郵政公社(10月1日以降の郵便事業株式会社)では、お客さまが「フレーム切手」シートを加工する際に生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

発行する郵便切手の内容

F-3タイプ

名称 ブルーフレーム
種類 80円郵便切手(シール式)
発行日 平成19(2007)年11月1日(木)
Web申込みは同日9:00から受付開始
シート構成と意匠
  • シート構成
    80円切手10枚(縦2×横5)
  • 意匠
    (1)ブルーフレーム
    • 切手1種類10枚
    • シート画像は別添1をご覧ください。
売価 1,200円/シート(※1)
販売方法 専用申込用紙による通信販売
Web申込みによる通信販売
印面・小切寸法 縦38.0㎜×横32.0㎜
写真寸法 縦23.0㎜×横23.0㎜
シート寸法 縦257.0㎜×横182.0㎜
版式刷色 オフセット6色
デザイン 玉木 明(切手デザイナー)
※1
切手代金(800円)に印刷手数料(400円)を加えた売価としています。この他、商品郵送料(別紙)、払込料金が別途かかります。

F-4タイプ

名称 グリーンフレーム
種類 50円郵便切手(シール式)
発行日 平成19(2007)年11月1日(木)
Web申込みは同日9:00から受付開始
シート構成と意匠
  • シート構成
    50円切手10枚(縦2×横5)
  • 意匠
    (1)グリーンフレーム
    • 切手1種類10枚
    • シート画像は別添2をご覧ください。
売価 900円/シート(※2)
販売方法 専用申込用紙による通信販売
Web申込みによる通信販売
印面・小切寸法 縦38.0㎜×横32.0㎜
写真寸法 縦23.0㎜×横23.0㎜
シート寸法 縦257.0㎜×横182.0㎜
版式刷色 オフセット6色
デザイン 玉木 明(切手デザイナー)
※2
切手代金(500円)に印刷手数料(400円)を加えた売価としています。この他、商品郵送料(別紙)、払込料金が別途かかります。

ご購入方法

【(1)(2)/コンピュータプログラミング】

  1. インターネットに接続できる環境があるお客さま
    「切手SHOP」(http://kitte-shop.post.japanpost.jp/)から、時間を選ばずにお申込みいただけます。
    画面の案内に従ってお気に入りの画像をアップロードしたら、あとは画像を切り取る角度を変えたり拡大・縮小したり、切手シートの完成イメージ画像もモニター上で確認できます。
    さらに、Web申込なら代金のお支払いも振替払込(※3)とクレジット決済からお選びいただけます。
    ※3
    振替払込をご希望のお客さまは全国の郵便局窓口(10月1日以降のゆうちょ銀行窓口を含みます)に備え付けてある振替用紙で代金をお支払いいただけます。詳しくは「切手SHOP」サイトのFAQをご覧ください。

  2. インターネットに接続できなくても大丈夫
    全国の郵便局(10月1日以降の郵便事業株式会社の支店を含みます)で専用申込用紙をお受け取りください。
    専用申込用紙の説明に従って必要事項を記入し、縦4cm×横4cmに切り取った写真やイラストを貼り付けて、全国の郵便局の貯金窓口(又は10月1日以降のゆうちょ銀行窓口)で代金をお支払いいただきます。
    代金お支払い後、振替払込受付証明書に日附印が押された専用申込用紙をお返しいたしますので、郵便局(10月1日以降の郵便事業株式会社の支店を含みます)の窓口へお持ちいただいて、お申込み受付となります。

オリジナルシートの申込受付
1,000シート以上のお申し込みでオリジナルデザインシートが作れます。
バックシート(切手シート上部余白)部分のデザインが自由に変更できるほか、切手の内側に使用する画像も1~10種類までご使用いただけます。
また、1,000シート以上ご購入の場合、送料は無料となります。

★お申込み方法等の詳細につきましては、こちらにお問い合わせください。

「オリジナル切手作成サービス」事務局
電話03-3524-3781(平日9:30~17:00)

F-1タイプ、F-2タイプのシートデザインの一部変更

平成19年10月1日以降にお届けとなる「フレーム切手」F-1タイプ、F-2タイプのシートデザインを一部変更します。(シート画像は別添4別添5をご覧ください。)

「郵便局」ロゴの変更
「郵便局」ロゴを「JP日本郵便」ロゴに変更します。

「微細文字」の変更
切手意匠の微細文字を、これまでの「JAPAN POST」から、「JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd.」に変更します。

「切手配置」の統一
これまで、F-1タイプ、F-2タイプでそれぞれ異なっていた「切手の配置」をF-2タイプの配置に統一します。今後、お申し込みの際にはF-2タイプの切手配置でのデザインデータ作成をお願いいたします。

  • ご注意
  • バックシートにイラスト等を描く際には、切手の印面部分を汚染したり、き損したりしないようにご注意ください。
    印面が汚染・き損された郵便切手は無効切手となり、使用できないほか、交換にも応じられません。
  • 「フレーム切手」のバックシート部分にプリンター等で印刷を加えないでください。
    プリンター等で印刷を加えますと、シール式の切手がはがれてプリンター内部に残り、故障の原因となるほか、切手の印面を汚染・き損する恐れがあります。
  • 日本郵政公社(10月1日以降の郵便事業株式会社)では、お客さまが「フレーム切手」シートを加工する際に生じたいかなる損害に対しても、一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先