日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 切手・はがき情報 > 切手 > 特殊切手 2016(平成28)年度 発行計画

特殊切手

2016(平成28)年度 発行計画

※本発行計画は、「特殊切手・ふるさと切手・グリーティング切手」の発行計画になります。

他年度の発行計画を見る   表示
  • 2016(平成28)年度発行の特殊切手のデザイン等はこちら

記念事項に関する題材

新たに発行する記念事項に関する題材

伊勢志摩サミット
伊勢志摩サミット(関係閣僚会合シート)

G7サミットとは、日・米・英・仏・独・伊・加、7か国の首脳並びに欧州理事会議長および欧州委員会委員長が参加して毎年開催される首脳会議です。
日本は過去に5回議長国となっていますが、2016(平成28)年は再び日本が議長国となり、サミットを開催します。
開催地は、美しい自然に囲まれ、日本のふるさとの情景が残る伊勢志摩地方で、2016(平成28)年5月26日から27日まで開催されます。
また、この伊勢志摩サミットの開催に合わせ、全国10か所で関係閣僚会合が開催されます。

第99回ライオンズクラブ国際大会

ライオンズクラブは、世界に約138万人の会員を有する世界最大の社会奉仕団体で、毎年各地で国際大会を開催しています。第99回大会は2016(平成28)年6月24日から5日間福岡で開催されます。

日本・ベルギー友好150周年

2016(平成28)年8月1日は、日本とベルギー王国の間で外交関係が樹立されてから150周年に当たります。これを契機に両国の友好協力関係が更に深化するよう、日本、ベルギー双方で各種記念事業が開催される予定です。

山の日制定

2014(平成26)年5月に「国民の祝日に関する法律」(以下「祝日法」といいます。)が9年ぶりに改正され、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として、8月11日が「山の日」とされ、2016(平成28)年から国民の祝日とされることとなりました。
山の恩恵としては様々な生態系サービスがあり、その恩恵は森・里・川・海のつながりを通じて、農山漁村だけでなく都市に生活する人々にまで広く行き渡っています。
今後、改正祝日法による「山の日」の祝日化に伴って、山に関する様々なイベントが開催され、山岳生態系への関心や自然とのふれあいの機会が増加することで、国民全体の山への関心が高まり、山岳地域の自然が有する生態系サービスや多面的機能などへの理解と保全、CO2排出削減に向けたライフスタイルの見直し等の意識が醸成されることが期待されます。

日伊国交150周年

2016(平成28)年8月25日は、日本とイタリアの間で外交関係が樹立されてから150周年に当たります。これを契機に両国の友好協力関係が更に深化するよう、日本、イタリア双方で各種記念事業が開催される予定です。

簡易生命保険創業100周年

簡易生命保険は、1916(大正5)年10月1日に創業し、2016(平成28)年に100周年を迎えます。

世界津波の日制定

世界津波の日が制定されたことを記念して切手を発行します。

日・シンガポール外交関係樹立50周年

2016(平成28)年4月26日は、日本とシンガポールが外交関係を樹立して50周年に当たります。
日本とシンガポールはこれまで、政治、経済、文化を含む様々な側面で協力を深めてきました。両国の外交関係樹立50周年を記念する2016(平成28)年も、日本とシンガポールの間で、芸術、学術、スポーツ、社会など、幅広い分野で両国民間の交流の促進、相互理解の増進、友好関係の強化がより一層進むことが期待されます。

第8回アジア冬季競技大会

冬季アジア大会は、アジア地域における冬季スポーツの発展を図ることを目的として開催される総合スポーツ大会です。アジア地域の冬季スポーツの発展のために日本から提案し、1986(昭和61)年に札幌で第1回大会が開催されたのが始まりです。
第8回大会は、札幌市・帯広市において2017(平成29)年2月19日に開催される予定で、アジアの約30の国と地域から約1,500人の参加を想定しており、過去最大規模となることが見込まれます。

引き続き発行する記念事項に関する題材

国土緑化(長野県)

国土の緑化を広く国民運動として、森林造成を始め国土の全般にわたって推し進め、それによって国民生活に潤いを持たせ、日本の文化的発展に寄与するために発行します。
なお、2016(平成28)年度における国土緑化の中心的行事の「第67回全国植樹祭」は長野県で開催されます。

第71回国民体育大会(岩手県)

スポーツの普及、国民の健康増進と体力の向上を図り、併せて地方スポーツの振興と地方文化の発展に寄与する目的で開催される国内最大の総合的なスポーツの祭典です。
2016(平成28)年の第71回国民体育大会は、岩手県で開催されます。

シリーズの形で発行する日本郵便独自の題材

新たに発行するシリーズ

和の文様シリーズ

古来より伝わる日本独自の文様の魅力を国内外へ発信することを目的として発行します。

My旅切手シリーズ

旅をコンセプトにその地域の特徴的な景色や生活文化、特産品などを題材として発行します。

天然記念物シリーズ

天然記念物に指定されている動物、植物、地質・鉱物、天然保護区域および天然保護区域内の動植物などを題材として発行します。

引き続き発行するシリーズ

おもてなしの花シリーズ

魅力ある花を題材として発行します。

日本の城シリーズ

日本の美しい城を題材として発行します。

身近な動物シリーズ

身近で親しみのある動物を題材として発行します。

地方自治法施行60周年記念シリーズ

2008(平成20)年度から地方自治施行法施行60周年を記念し、47都道府県の図柄による記念貨幣と連携して切手を発行します。2016(平成28)年度は、福島県と東京都が題材です。

野菜とくだものシリーズ

色鮮やかな野菜や果物を題材として発行します。

童画のノスタルジーシリーズ

昔懐かしい童画を題材として発行します。

世界遺産シリーズ

人類共通の文化遺産および自然遺産の国際的保護を図る目的で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」に基づき、2004(平成16)年以降に新しく登録された日本の世界遺産を題材として、発行します。

浮世絵シリーズ

魅力ある浮世絵を題材として発行します。

鉄道シリーズ

日本の鉄道車両や残しておきたい駅舎等を題材として発行します。

日本の夜景シリーズ

日本各地の有名な観光地の夜景やライトアップの風景等を題材として発行します。

正倉院の宝物シリーズ

日本の第一級の美術・工芸品である、正倉院の宝物等を題材として発行します。

和の食文化シリーズ

無形文化遺産に登録された「和食」のスタイル、季節感、文化、芸術性、庶民性などを題材として発行します。

星の物語シリーズ

さまざまな星や星座等を題材として発行します。

伝統的工芸品シリーズ

日本各地の伝統的工芸品を題材として発行します。

日本の建築シリーズ

日本の代表的な建築物を題材として発行します(凹版印刷)。

郵趣と手紙文化の振興のために発行する日本郵便独自の題材

切手趣味週間

郵便切手の文化的価値を広く認識していただき、併せて切手収集の趣味の普及を図るために制定した週間にちなんだ切手を発行します。

グリーティング(キャラクター)

お祝いやあいさつ等のお手紙に利用していただけるキャラクターの切手を発行します。

夏のグリーティング

お祝いやあいさつ等のお手紙に利用していただける切手を夏の時期に合わせて発行します。

ふみの日

「手紙の良さ、楽しさ」を知っていただくことを目的として毎月23日を「ふみの日」としています。文月(ふみづき)の7月に「ふみの日」にちなむ切手を発行します。

グリーティング(ライフ・伝統色)

日本人が四季折々の日常生活の中で継承してきた日本の伝統色を題材にした切手を発行します。

ハッピーグリーティング

お誕生日やお礼状など、1年を通してお手紙にご利用いただける切手を発行します。

グリーティング(ライフ・花)

日常生活の中にある様々な花を題材にした切手を発行します。

秋のグリーティング

お祝いやあいさつ等のお手紙に利用していただける切手を秋の時期に合わせて発行します。

国際文通週間

世界の人々が文通によって文化の交流に努め、世界平和に貢献しようという趣旨で設定された週間にちなんだ切手を発行します。

冬のグリーティング

お祝いやあいさつ等のお手紙に利用していただける切手を冬の時期に合わせて発行します。

春のグリーティング

お祝いやあいさつ等のお手紙に利用していただける切手を春の時期に合わせて発行します。

海外グリーティング(差額用)

海外在住の方々への郵便による季節のごあいさつにご利用いただけるよう、通常葉書等(52円)を航空便扱いの国際郵便葉書として差し出す時に必要となる郵便料金額(70円)との差額(18円)に対応した切手を発行します。

他年度の発行計画を見る   表示