日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 干支文字切手

特殊切手

「干支文字切手」の発行

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、平成16年から発行しご好評をいただいている、翌年の干支文字を様々な書体で書き表した特殊切手「干支文字切手」及び「通常版切手帳(22年干支文字切手)」を発行いたします。

発行する切手の内容

名称 干支文字切手
発行日 平成21年11月20日(金)
種類 80円郵便切手
切手

シート構成・意匠

(1)  虎(行書(ぎょうしょ))
(2)  金文(きんぶん)の寅(金文)
(3)  周代(しゅうだい)の金文の寅(金文)
(4)  青銅器(せいどうき)の文字による寅(金文)
(5)  隷書(れいしょ)をもとにした寅(隷書)
(6)  ひらがなのとら(かな) 
(7)  楷書(かいしょ)に近い行書の庚寅(かのえとら)(行書)
(8)  西周時代(せいしゅうじだい)の金文による虎(金文)
(9)  甲骨文字(こうこつもじ)による庚寅(甲骨文字)
(10)  秦隷(しんれい)による寅(秦隷体)
1シート10枚/※1枚から販売します。
(1)  竹聲  (はやし ちくせい)
(2) 竹内 鳳仙 (たけうち ほうせん)
(3)  正人 (せき まさと)
(4) 鬼頭 墨峻 (きとう ぼくしゅん)
(5) 金子 聴松 (かねこ ちょうしょう)
(6) 宮崎 紫光 (みやざき しこう)
(7) 柳田 純一 (やなぎだ じゅんいち)
(8) 鳥山 岳風 (とりやま がくふう)
(9) 北野 攝山 (きたの せつざん)
(10) 田村 空谷 (たむら くうこく)
印面・小切れ寸法 縦36.5mm×横28.05mm
シート寸法 縦222.5mm×横112.2mm
版式刷色 オフセット5色・エンボス加工
発行枚数 1,800万枚(180万シート)
考証助言 松丸 道雄(まつまる みちお) (東京大学 名誉教授)
デザイン 森田 基治(もりた もとはる) (切手デザイナー)
販売場所 全国の郵便局及び郵便事業株式会社支店等
(通信販売も行います)

発行する切手帳の内容

名称 通常版切手帳(22年干支文字切手)
発行日 平成21年11月20日(金)
売価 1,200円(切手1シート800円を含む。) ※1
寸法 縦257.0mm×横182.0mm ※2
発行部数 3万部
商品概要 特殊切手「干支文字切手」1シートを収めた見開きの切手ケースです。切手ケースは厚紙となっており、ケース内側には、切手デザインの説明等を記載しています。
販売場所 原則として別紙の郵便局及び郵便事業株式会社支店等
(一部、通信販売も行います) ※3
※1  切手帳は切手1シートとのセット販売のみです。切手を除いたケースのみの販売は行いません。
※2  切手帳を折りたたんだ状態。寸法は、若干変更となる場合があります。
※3  その他の郵便局においては、お取り寄せによる販売となります。
なお、発行部数が3万部のため、売り切れる場合もございますので、予めご了承ください。

切手帳のイメージ
表面
表面
切手帳を開いた状態
切手帳を開いた状態
※画像はイメージです。実際の商品と多少異なる場合があります。

発行する郵便切手のデザイン等

【「干支文字切手」について】

複数の書家が様々な書体で書き表した翌年の「干支文字」をデザインした切手は、平成16年(平成17年の干支「酉」)から発行しており、本年で6年目を迎えます。
来年の干支である「寅」の書を基としたデザインのほか、印刷の段階で強く圧力をかける技法で、文字の一つ一つが点字のように盛り上がっている「エンボス加工」と細かな文字「微細文字」の特殊印刷が施されています。

【切手デザインについて】(解説は書家の方々からのコメント)

(1) 虎(行書)
一番身近な書体である行書を題材としつつ、書のもつ深奥性(しんおうせい)・存在感が表現出来ればと、心掛けた。
(2) 金文の寅(金文)
拓本(たくほん)の寅に、わが意を吹き込んで蘇生させ、逞しくふくよかな寅を表現したいと試みた。
(3) 周代(しゅうだい)の金文の寅(金文)
この時代の文字は精霊が宿り、造形的にも魅力がある。特に一字印の表現に適した素材であります。
(4) 青銅器(せいどうき)の文字による寅(金文)
金文という書体にとらわれずに、線に動きとリズム感をもたせた。
(5) 隷書(れいしょ)をもとにした寅(隷書)
表面的な変化にとらわれないで、きちんとした骨格に意識を置いた表現にした。
(6) ひらがなのとら(かな)
読みやすくを第一と考え「虎の頭と尻尾」をイメージしての表現を試みました。
(7) 楷書(かいしょ)に近い行書の庚寅(かのえとら)(行書)
すなおに、明るく、のびやかに、そしてなによりも気品、を心がけた。そのような年でありたい。
(8) 西周時代(せいしゅうじだい)の金文による虎(金文)
嘯(うそぶ)いて大風を呼び起こすような力強い虎を想像しながら書き、そして刻しました。
(9) 甲骨文字(こうこつもじ)による庚寅(甲骨文字)
殷(いん)代の甲骨とは趣を異にするが、力強く堂々と書き視覚に訴える表現を試みた。
(10) 秦隷(しんれい)による寅(秦隷体)
秦簡(しんかん)に倣った文字表現に、白い平面を限定し、色彩の飛沫によって装飾性も同時に強調した。

【背景「龍虎図屏風(りゅうこずびょうぶ)(左隻・部分)」(橋本雅邦(はしもとがほう) 筆)について】

橋本雅邦 (1835-1908)は、岡倉天心らと日本美術院を創立し、内国勧業博覧会、万国博覧会で活躍しました。この作品は、明治28年(1895年)に第四回内国勧業博覧会の出品作品です。発表当時は、そのあまりの斬新さゆえか、評価は、優劣こもごもでしたが、昭和30年(1955年)には、明治の美術品として初めて国の重要文化財に指定されました。
切手シートの背景画には、左隻に描かれた虎の図の一部分を使用しています。
所蔵:静嘉堂文庫美術館

.

その他

郵便事業株式会社銀座支店において、通信販売を行います。
銀座支店通信販売の詳細はこちら

インターネットでの通信販売では、5,000円以上のお買い上げで送料が無料になります。
インターネットによる通信販売はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

お問い合わせ先

切手関連サービス