日本郵便
すべてを、お客さまのために。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 赤十字思想誕生150周年記念

特殊切手

「赤十字思想誕生150周年記念」の発行

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、本年(2009年)、赤十字思想の誕生から150周年を迎えることを記念して、世界赤十字デーである5月8日に合わせて、特殊切手「赤十字思想誕生150周年記念」及び「ハードカバー切手帳(赤十字思想誕生150周年記念)」を発行いたします。

日本赤十字社HP  日本赤十字社ホームページへ

発行する切手の内容

名称 赤十字思想誕生150周年記念
発行日 平成21年5月8日(金)
種類 80円郵便切手
切手

切手

シート構成・意匠

シート構成

(1) アンリ・デュナン肖像とノーベル平和賞証書と赤十字
(2) 第1回赤十字デーのポスターと赤十字
1シート10枚/※1枚から販売します。
印面寸法 縦35.5mm×横25.0mm
小切れ寸法 縦38.5mm×横28.0mm
シート寸法 縦222.5mm×横84.0mm
版式刷色 オフセット5色
発行枚数 1,500万枚(150万シート)
デザイン 中丸 ひとみ(切手デザイナー)
販売場所 全国の郵便局及び郵便事業株式会社支店等
(通信販売も行います)

発行する切手帳の内容

名称 ハードカバー切手帳(赤十字思想誕生150周年記念)
発行日 平成21年5月8日(金)
価格 1,500円(切手1シート800円を含む。) ※1
寸法 縦257.0mm×横182.0mm ※2
発行部数 5万部
商品概要 特殊切手「赤十字思想誕生150周年記念」1シートを収めた見開きの切手ケースです。切手ケースはハードカバー製となっており、ケース内側には、切手デザインの説明等を記載しています。
販売場所 原則として別紙の郵便局及び郵便事業株式会社支店等(通信販売も行います) ※3
※1  切手帳は切手1シートとのセット販売のみです。切手を除いたケースのみの販売は行いません。
※2  切手帳を折りたたんだ状態。寸法は、若干変更となる場合があります。
※3  その他の郵便局においては、お取り寄せによる販売となります。
なお、発行部数が5万部のため、売り切れる場合もございますので、予めご了承ください。

切手帳のイメージ
表面
表面
切手帳を開いた状態
切手帳を開いた状態
※画像はイメージです。実際の商品と多少異なる場合があります。

発行する郵便切手のデザイン等

「赤十字思想誕生150周年記念」について

スイス人のアンリ・デュナン(1828-1910)は、1859年6月、イタリア統一戦争の激戦地、ソルフェリーノにおいて多数の死傷者にあふれた悲惨な光景を目撃し、「傷ついた兵士は、もはや兵士ではない、人間である。人間同士としてその尊い生命は救わなければならない。」との信念の基に、村人たちと協力して、負傷者を教会に収容するなどの救護活動にあたります。
ジュネーブに戻ったデュナンは、1862年11月に「ソルフェリーノの思い出」という本を出版し、この中で戦争犠牲者の悲惨な状況とともに、敵味方の区別なく救護する団体を各国に組織し、国際的な条約を締結するよう、赤十字思想を主張し、現在の各国赤十字社が誕生していきます。
本年(2009年)は、1859年にデュナンが行った救護活動、その体験を基にした赤十字思想の誕生から、150周年を迎える記念の年にあたります。

切手デザインについて

(1)  アンリ・デュナン肖像とノーベル平和賞証書と赤十字
赤十字の創立者アンリ・デュナンの世界平和に対する大きな貢献が認められ1910年に授与された第1回ノーベル平和賞の受賞証書を背景に、赤十字創設の頃のアンリ・デュナンの肖像写真をデザインしています。
(2)  第1回赤十字デーのポスターと赤十字
日本赤十字社による「第1回赤十字デー(1933年(昭和8年)11月15日~17日)」の宣伝のために作成されたポスターを基にデザインしています。当時は日本政府が1886年(明治19年)11月15日にジュネーブ条約への加入を公布したことから赤十字デーが制定されました。1950年以降は、アンリ・デュナンの誕生日にちなみ、5月8日を「赤十字デー」としています。

その他

通信販売の詳細はこちら

インターネットによる通信販売はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

お問い合わせ先

  • 記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。

切手関連サービス