日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 国際文通週間にちなむ郵便切手

特殊切手

「国際文通週間にちなむ郵便切手」の発行

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO北村憲雄)は、平成20年10月9日に、特殊切手「国際文通週間にちなむ郵便切手」を発行いたします。
国際文通週間は、昭和32年(1957年)の第14回万国郵便大会議において、“世界の人々が文通によって文化の交流に努め、世界平和に貢献しよう”という趣旨で設定されたキャンペーンであり、日本では、その一環として、「国際文通週間にちなむ郵便切手」を昭和33年(1958年)以降、毎年発行しています。
額面は、90円・110円・130円の3種類となっており、これは、国際郵便における日本から各地帯あての手紙(定形)の最低料金額となっております。

発行する切手の内容

名称 国際文通週間にちなむ郵便切手
発行日 平成20年10月9日(木)
種類 90円郵便切手 110円郵便切手 130円郵便切手
切手

意匠 歌川広重画(うたがわひろしげが)
東海道五拾三次之内(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち)
神奈川(かながわ)
歌川広重画
東海道五拾三次之内
三島(みしま)
歌川広重画
東海道五拾三次之内
石部(いしべ)
シート構成
各1シート1種10枚
1枚から販売します。
印面・小切れ寸法 縦33.0mm×横45.0mm
シート寸法 縦93.5mm×横250.0mm
版式刷色 グラビア5色
発行枚数 400万枚
(40万シート)
400万枚
(40万シート)
300万枚
(30万シート)
デザイン 玉木 明(たまき あきら)(切手デザイナー)

発行する郵便切手のデザイン等

【東海道五拾三次】

江戸時代に整備された日本橋(東京)から三条大橋(京都)を結ぶ東海道の、起点、終点と53の宿場を題材として、歌川広重が描いた浮世絵版画です。
歌川広重(1797~1858)は、江戸時代後期の浮世絵師で、15歳の時に歌川豊広に入門して浮世絵界に入りました。その後、狩野派、南画等を学び、独自の情緒ある画趣を確立。葛飾北斎とともに風景画の大家として、国内外にその名が知られています。
これまでにも、「国際文通週間にちなむ郵便切手」として、「東海道五拾三次」を題材としており、27の宿場等をデザインした郵便切手を発行してきました。
本年は、「東海道五拾三次(保永堂版)」(平木浮世絵美術館蔵)のうち、まだ題材としていない宿場の中から、90円郵便切手に「神奈川」(神奈川県)、110円郵便切手「三島」(静岡県)、130円郵便切手に「石部」(滋賀県)をデザインしています。

その他

通信販売の詳細はこちら

インターネットによる通信販売はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

お問い合わせ先

切手関連サービス