日本郵便
すべてを、お客さまのために。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 平成9年特殊切手「切手趣味週間」

注) このページの情報は、発売当時のものです。


切手趣味週間

●切手の内容
切手趣味週間について
切手趣味週間は、郵便切手の持つ「美しさ」、「芸術性」といった文化的価値を広く一般の方々にも認識していただくとともに、切手収集趣味の普及を図るため、昭和22年11月に制定された「切手趣味の週間」をその始まりとしています。  
現在は、逓信記念日である4月20日から同月26日までの1週間が切手趣味週間として定着しており、期間中には「全日本切手展」を初め、全国各地で「切手展」、「切手教室」などが開催されます。

 
切手趣味週間 切手の意匠の「醍醐」は、奥村土牛(明治22年(1889)~平成2年(1990))の昭和47年の作品で、現在は山種美術館(東京都中央区)に所蔵されています。
この作品は、京都・醍醐寺三宝院のしだれ桜が、白い築地塀をバックに描かれています。満開に咲いた花々、地面に散った花片は文様的に捉えられ、画面全体に春爛漫の情趣が若々しく描かれています。
 
名称
切手趣味週間にちなむ郵便切手
発行日
平成9年(1997)4月18日(金)
料額
80円郵便切手
発行枚数 5,000万枚(2種連刷)
意匠
奥村土牛(おくむらとぎゅう)画「醍醐(だいご)」
印面寸法 縦42.0mm 横30.0mm
版式刷色
グラビア6色
シート構成 10枚(縦5枚・横2枚)
原画構成者 青木 義照(あおき ぎしょう)(デザイナー)