日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > ふるさと切手「東北の祭り」の発行

注) このページの情報は、発売当時のものです。

ふるさと切手「東北の祭り」の発行

1 発行する郵便切手の内容

名称 東北の祭り
種類 80円郵便切手
意匠 青森ねぶた祭
・青森県
秋田竿燈まつり
・秋田県
山形花笠まつり
・山形県
仙台七夕まつり
・宮城県
切手 青森ねぶた祭 秋田竿燈まつり 山形花笠まつり 仙台七夕まつり
発行日 平成18(2006)年7月3日(月)
発行枚数 440万枚(東北管内(再掲)240万枚)
印面寸法 縦27.0mm・横22.5mm
版式刷色 オフセット5色
原画作者 山口 亜希子(やまぐち あきこ)(イラストレーター)

2 発行する郵便切手のデザイン

「東北の祭り」について
 東北の活気溢れる四大祭りを題材とし、切手を通じて各祭りの見どころを全国に紹介します。
デザインについて
 東北の夏をにぎわせる各地の祭りは、たくさんの人が集まり、非常に活気があります。
切手にはそれぞれの祭りの特徴を大きく配置し、それぞれの祭りが持つ迫力、優雅さ、軽やかさ等を描きました。
青森の「青森ねぶた祭」を皮切りに、秋田の「秋田竿燈まつり」、山形の「山形花笠まつり」、宮城の「仙台七夕まつり」の順に祭りが開催されていきます。

3 販売概要

(1) 販売場所
  青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県及び福島県内の各郵便局等並びに次の定例販売局
 
  • 全国の中央郵便局
  • 東京都、長野県及び新潟県内の全普通郵便局
  • 北見、帯広、苫小牧、小樽、ひたちなか、土浦、下館、足利、高崎、大宮、越谷、川越西、所沢西、熊谷、木更津、佐倉、銚子、市川、柏、横浜港、保土ヶ谷、平塚、座間、藤沢、横須賀、富士吉田、高岡、魚津、七尾、小松、敦賀、大垣、多治見、浜松西、沼津、千種、豊橋、岡崎、一宮、半田、春日井、四日市、大阪東、博多、博多南、久留米、飯塚、佐世保、八代、別府、鹿屋及び川内郵便局
(2) シート構成
  20枚(縦5枚・横4枚) なお、1枚から販売します。
 
シート構成
(1)青森ねぶた祭
(2)秋田竿燈まつり
(3)山形花笠まつり
(4)仙台七夕まつり
(3) 通信販売の申込方法
  東京中央郵便局において、通信販売を行います。
 
郵便振替による申込み
平成18(2006)年7月31日(月)までに、全国の郵便局に備付けの「切手注文専用振替用紙」でお申込みください。
郵便貯金の自動払込みによる申込み
特殊切手やふるさと切手を継続して購入御希望の方は、1回の申込みで継続して郵便切手の購入ができる郵便貯金の自動払込み制度を利用した通信販売サービスが便利です。全国の郵便局に備付けの「自動払込利用申込書」により平成18(2006)年6月20日(火)までにお申込みください。

4 郵頼による記念押印等の申込方法


 所要の郵便切手代金(郵便為替の「普通為替」又は「定額小為替」によること。)を添え、次の要領で「記念押印」及び「引受消印」の各別にお申込みください。

(1)

記念押印

 郵便切手を貼る位置、郵便切手の意匠及び押印箇所を指定した封筒若しくは台紙又はこれらに類するもので、材質が紙であるもの(1枚の大きさが23.5cm×12.0cm以内のもの)に返信用封筒(返送先を明記し、必要な郵便切手を貼り付けたもの)を添え、送付してください。
  なお、申込封筒の表面左横には、「東北の祭り記念」と朱書きしてください。
(2)
引受消印
 郵便切手の意匠を指定の上、あて名を明記した定形郵便物の大きさの封筒又は私製はがきを送付してください。
  なお、申込封筒の表面左横には、「東北の祭り引受」と朱書きしてください。
(3)
申込先(郵頼指定局)
 

申込先


「青森ねぶた祭」に関するもの
〒980-8799
宮城県仙台市青葉区北目町1-7
仙台中央郵便局 郵便課 気付
青森中央郵便局 初日印係
「秋田竿燈まつり」に関するもの
〒980-8799
宮城県仙台市青葉区北目町1-7
仙台中央郵便局 郵便課 気付
秋田中央郵便局 初日印係
「山形花笠まつり」に関するもの
〒980-8799
宮城県仙台市青葉区北目町1-7
仙台中央郵便局 郵便課 気付
山形中央郵便局 初日印係
「仙台七夕まつり」に関するもの
〒980-8799
宮城県仙台市青葉区北目町1-7
仙台中央郵便局 郵便課 初日印係
(4)
申込期限
  平成18(2006)年6月23日(金)(当日消印有効)


日本郵政公社東北支社
連絡先:
郵便事業部営業課販売宣伝係
電話:
022-267-7776


初日用通信日付印の使用

種類
東北の祭り
使用日時
18.7.3 (9:00-12:00)
郵便窓口
の場合
使用局
札幌中央 仙台中央 千葉中央
横浜中央 東京中央 新潟中央
長野中央 金沢中央 岐阜中央
名古屋中央 京都中央  
大阪中央 神戸中央 岡山中央
広島中央 松山中央 福岡中央
長崎中央 熊本中央 鹿児島中央
及び那覇中央郵便局
旭川中央 函館中央 釧路中央
青森中央 盛岡中央 秋田中央
山形中央 福島中央 水戸中央
宇都宮中央 前橋中央 さいたま中央
甲府中央 日本橋 京橋
神田 上野 新宿
渋谷 富山中央
福井中央 静岡中央 津中央
大津中央 大阪東 奈良中央
和歌山中央 鳥取中央 松江中央
山口中央 徳島中央 高松中央
高知中央 北九州中央 佐賀中央
大分中央 宮崎中央及び丸岡郵便局
使用する初日用通信日付印の種類
(1)及び(3)の初日印

(1)
初日用通信日付印
(3)
初日用通信日付印
(1)及び(2)の初日印

(1)
初日用通信日付印
(2)
初日用通信日付印
郵便申込み
による場合
受付局

「青森ねぶた祭・青森」に関するもの

〒980-8799
仙台中央気付
※局名表示は青森中央

「秋田竿燈まつり・秋田」に関するもの

〒980-8799
仙台中央気付
※※局名表示は秋田中央

「山形花笠まつり・山形」に関するもの

〒980-8799
仙台中央気付
※局名表示は山形中央

「仙台七夕まつり・宮城」に関するもの

〒980-8799
仙台中央
受付期限

平成18年6月23日(金)当日消印有効

使用する初日用通信日付印の種類
(1)及び(2)の初日印

(1)
初日用通信日付印
(2)
初日用通信日付印


(青森中央)

青森中央
(秋田中央)

秋田中央
(山形中央)

山形中央
(仙台中央)

仙台中央

  1. 郵便による申込みに係る初日押印の場合、引き受け消印をする郵便物又は記念押印する物件の大きさは、定形郵便物の最大寸法を超えないものに限るものとする。
  2. 初日用通信日付印の種類中、昭和61年郵政省告示第587号の一の4の形式(2)及び(3)の初日印の引受消印は、外国あてに限るものとする。