日本郵便
すべてを、お客さまのために。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


  • 版画部門
  • 絵手紙部門
  • ことば部門

【版画部門審査員総評】

 今年は例年以上にコンクールへの出品が多い年となりました。新型コロナの影響は身近な生活にも及び、遠くの家族や友人に会いに行けないといった事もあるでしょう。
 年賀状はパソコンなどを使えば気軽に作成できますし、メールならもっと簡単です。しかし、手の温もりを感じる版画の年賀状が届く喜びは何ものにも変えられません。現在の自粛の状況ではなおさらです。手仕事で作られた年賀状は一つの版画作品であり、実は最新のメディアなのではないでしょうか。
 審査会場に一堂に並べられた圧倒的な数の年賀状。私たちは1枚1枚に込められたメッセージをキャッチするよう慎重に審査を進めます。幼児や小学生の元気いっぱいの作品は厳しい審査中でも笑顔が溢れます。中学生から一般までとなると、どの部の審査か忘れる程に洗練された作品が多く、ついつい見入ってしまいます。
 人生最初に造った版画は年賀状という方も多いのではないでしょうか? 年賀状という版画作品をこれからもよりいっそう自由な表現で制作していただく事を願ってやみません。

鈴木 吐志哉 先生

版画部門入賞作品 

年賀状大賞

文部科学大臣賞

日本郵便賞

NHK学園賞

奨励賞

審査員特別賞

入賞作品のうち、応募規定に則した作品でないと発覚した作品は 入賞が取り消しとなる場合がございます。