郵便局
郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > ゆうパックプリントSky > 伝票発行のみコンビニ受取あり:出荷管理

出荷管理

代表機能

出荷指示入力

商品のお届先情報などの入力ができます。

また、地図選択機能を使用してコンビニなどでの受取場所も選択できます。

出荷指示入力画面

【基本情報】

出荷予定日や利用便種・注文番号・商品の決済方法などを入力するエリアで、ギフト配送の有無も選択できます。

【届先・注文者情報】

お届先情報や注文者情報を入力するエリアです。 お届先情報は「出荷用届先マスタ」にあらかじめ登録した情報をコードで呼出・検索することができます。

【販売者情報】

「サイトマスタ」であらかじめ登録した販売元サイトを選択するエリアです。

ここで選択した販売元サイトの名称や住所などの情報は、送り状印刷の際にご依頼主欄に印字(ギフトでない場合)されます。

【配送情報】

配送情報などを入力するエリアです。

送り状に印字する備考記事や発送に係る備考項目の入力ができます。

※送り状発行のみ(納品書やピッキングリストを印字しない)の場合は、一部有効とならない入力項目があります。

【合計・商品情報】

このエリアは、送り状発行のみの場合は使用しません。

出荷指示入力画面

利用便種をコンビニ受取などにした場合、地図選択機能を使用してコンビニなどの受取場所を選択できます。

※ コンビニ受取サービスは別途お申込みが必要です。

※ 受け取りを希望するコンビニなどの情報(店舗名など)は、別途、購入者さまへ確認する必要があります。

出荷指示CSV登録・削除

商品のお届先情報などのCSVファイルを一括で登録ができます。

出荷指示CSV登録・削除画面

登録するCSVファイルや販売者名・出荷元の倉庫などを選択します。

出荷指示CSV登録・削除確認画面

CSVファイルを取込んだ後、結果が一覧で表示され、エラーなどが発生した出荷データは色分けして表示されます。

モール用出荷指示CSV登録・削除

各モール(楽天・Yahoo!・Amazon)から出力したお届先情報などのCSVファイルを一括で登録ができます。

モール用出荷指示CSV登録・削除画面

登録するCSVファイルや販売者名、出荷元の倉庫などを選択します。

販売者名は、「サイトマスタ」作成時に各モールの販売者として設定することができます。

※サイトマスタについては、各種マスタ管理の「サイトマスタ」の説明をご参照ください。

モール用出荷指示CSV登録・削除確認画面

CSVファイルを取込んだ後、結果が一覧で表示され、エラーなどが発生した出荷データは色分けして表示されます。

各モールのCSVファイルは、選択した販売者名のマスタ設定からモールを自動的に判別して取込みをします。

出荷指示調整

未来の出荷予定日や備考項目への入力などで調整・確認が必要な出荷データを自動的に一時保留データとして振り分けます。

出荷指示調整画面

保留の状況別に6つのタブが選択でき、選択した保留状況の出荷データを一覧で表示できます。

【出荷未確定】

保留になっておらず、出荷指示確定が可能な出荷データ。

この一覧から任意で保留状態にすることもできます。

【配達希望日】

出荷指示データ登録時に、配達希望日が登録日の日付より11日以降の日付が設定されている出荷データ。

【出荷予定日】

出荷指示データ登録時に、出荷予定日が登録日の翌日以降の日付に設定されている出荷データ。

【任意保留】

任意で保留状態にした出荷データ。

【備考保留】

出荷指示データ登録時に、備考項目に値が設定されている出荷データ。

【受取保留】

コンビニなど受取の出荷指示データ登録時に、1つの届先に複数商品又は数量が2以上の商品が設定されている出荷データ。

出荷指示番号をクリックすることにより詳細情報を確認でき、修正もできます。 また、プルダウンからレイアウトを選択し、ヘッダーCSV出力ボタンをクリックすることにより、出荷指示調整ヘッダーの情報(基本情報、注文者、届先等)を出力できます。

その他機能一覧

出荷指示確定 お届先情報などを確定し、出荷場への出荷作業指示(送り状印字の指示)ができます。
出荷照会・修正/削除 様々な検索キーを基に出荷データの検索を行うことができ、また、出荷データのCSVファイル出力もできます。
モール用出荷実績出力 各モール(楽天・Yahoo!・Amazon)の管理システムなどへ取込むための出荷実績データの出力ができます。
出荷指示複数
選択削除
登録した出荷指示データの内、選択した複数データを一度に削除することができます。
出荷実績出力 出荷完了した出荷指示データを、出力する機能が追加されます。
出荷実績を上位システムに戻す等の用途にご利用できます。