郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 国際郵便 > 商品・サービス > 印刷物(雑誌・本) > 印刷物の包装の仕方
Language

国際郵便

商品・サービス

印刷物の包装の仕方

印刷物を包装する際は、開封して内容物を確認できることが必要となりますが、書籍(本)や冊子(雑誌、パンフレット等)のみを送る場合には、密封することができます。

包装の仕方

一般的な包装

包装紙で包み、ときやすい紐をかけます。

新聞等

帯封をします。

クリスマス・カード等

ふたを中に折り込みます。

とめ具を利用する場合

ふたをとめやすいひも、またはとめ具でとめます。鋭利なとめ金は使用を禁じられています。

筒状のもの

差出人と受取人が明らかにわかるようにします。

開封とならないもの

ホッチキスを使用したものや封筒の片すみのみを切り取ったものは開封となりません。

粘着テープによる封かんが認められる場合

次の条件を満たす場合は、粘着テープによる封かんが認められます。

  1. 容易に開閉できるものであること。
  2. 運送途中で固着したり、他の郵便物を汚染するおそれがない粘着剤を使用したものであること。
  3. 外見上、郵便物が密封した郵便物と混同されないように粘着テープを使用した封筒の封じ目の近くまたはふたの部分に「開閉自由」、「開閉自在」、「開封可」等開封する事ができる旨を表示するほか、その傍らに次の記載をしたものであること。
    Peut etre ouvert pour controle par le service postal. (フランス語)
    または、
    May be opened for inspection by the postal service. (英語)

料金・日数を調べる

送り先、送るもの、重さから計算