郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


海外へのグリーティングカード はじめてガイド

もっと気軽に送ってみようよ。海外へのグリーティングカード。 ジョニー プロフィール

1 いつ?誰に送る?

ジョニープロフィール

海外に住んでいる友人や、家族はいませんか?
外国の友人や、海外へ移住した日本の友人や家族…世界中にいる、あなたの大切な人を思い浮かべてください。
きっとどんなささいなことでも、あなたからのメッセージに喜んでくれるはず。特に外国の方は、本当に手紙が大好き。クリスマスなどの季節の行事はもちろん、ちょっとした近況報告や旅先からも手紙を送りあいます。

いろんなカードを送るシチュエーションはこちら

海外に知り合いはいないし…という人も、楽しめるコンテンツをご紹介します。
スペシャルコンテンツはこちら

2 お届け日数の目安を確認しよう

海外へのグリーティングカードは、送る国・地域によって届くまでの日数が異なるので注意が必要です。
海外あての郵便は配達指定ができませんが、おおよその目安として「お届け日数表」で確認することができます。
一般的には航空便を使用しますが、船便で送ることも可能です。
運行情報やお届けできない地域もあわせてご確認ください。

運行情報はこちら
お届できない国・地域一覧はこちら

3 どんなカードを送る?

ひとことで「グリーティングカード」といっても、とってもたくさんの種類があります。
日本の風景や和柄など日本らしいカード、切り絵や立体的なカード、音の出るカードなど、種類も様々です。
送る相手のことを考えながら楽しく選んでみましょう。

写真入りのカードを作ってみる!
手作りグリーティングカードに挑戦!

4 メッセージを書こう

ここでは、例として外国の友人へバースデーカードを送ってみましょう。
「お誕生日おめでとう」の基本フレーズを外国語フレーズ集から探して書きます。

例)《Happy Birthday ○○(名前) Hoping this will be a wonderful year for you. 》
 
海外では、カードのデザインがメインになるので、メッセージは添え書き程度で構いません。
もちろんたくさん書いても問題ないので、あなたの気持ちをカードに詰め込んでくださいね。
外国語フレーズ集では、お祝いフレーズや感謝を伝えるフレーズなど、たくさんの例文が載っているので、ぜひ参考にしてください。
外国語フレーズ集はこちら

5 ちょっとした小物を同封しよう

カードにプレゼントを添えることもできます。
例えば、和柄の小物や、コースター、折り紙、ストラップ、文香と呼ばれる匂い紙なども喜ばれます。文香は封筒を開けたときに、ほのかな香りが相手へ届くので素敵ですね。
重さや形状によって郵送料がかわりますので、事前に確認しましょう。
(注)物品を併せて送る場合、グリーティングカードの郵便料金は適用されません。
海外の料金表はこちら

国・地域によって送れないものもあるので確認しましょう。
国・地域別条件表はこちら


物品を同封して送る場合には、「CN22」と呼ばれる用紙を貼る必要があります。郵便局でもらえますので、忘れずに用意してください。
CN22についてはこちら


誕生日やクリスマスに日本からプレゼントを送ってみませんか。
手紙とプレゼントを一緒に送れるEMS
小物の郵送に最適な小形包装物(手紙は同封できません)

6 封筒に住所と名前を書こう

あて先は、英語・フランス語または送り先の国の言語で記入し、国名は必ず大文字で書きましょう。差出人と受取人の住所を書く位置が日本とは異なるので注意が必要です。
あて名の書き方はこちら

あて名を書いたら、最後の仕上げ。
ヨーロッパの文化では「封蝋(ふうろう)」(シーリングワックスと呼ばれています)という封の方法があります。蝋をたらして、判子(シーリングスタンプと呼ばれるもの)のように型を押します。
このような、海外の文化を取り入れるのもおすすめです。

7 郵送料の確認

重さがわかる場合は、料金を調べて切手を貼れば、ポストに投函することができます。グリーティングカードは大きめのものもありますが、25g以内で最大サイズを超えなければ、「Greeting Card」として90〜130円で郵送することもできます。(あて先によって異なります。)
通常の郵便物と同様に、お手持ちの切手を郵送料分組み合わせて封筒に貼って投函することもできます。

海外の料金表はこちら

重さがわからない場合は、直接郵便局へ持って行きましょう。郵便窓口へ出せば、郵送料を調べてもらえます。その場でお支払いを済ませれば、そのまま窓口に差し出しをして完了です。 もし記念切手などを貼って郵送したい場合は気軽に窓口に伝えてくださいね。

これで全てのステップが終了です!
無事に海外へのはじめてのグリーティングカードを郵送することができましたか?
海を越えて相手に届くのがとても楽しみですね。
海外へグリーティングカードを送ることは、決して難しいことではなかったはず。
とてもワクワクして、楽しいものではなかったでしょうか?
これをきっかけに、あなたにとって国際郵便がもっと身近で、もっと気軽なものになると嬉しいです。

【このサイトの作成にご協力いただいたみなさま】(敬称略・50音順)
エプソン販売株式会社、カランコロン京都 札幌ステラプレイス店、株式会社アイデア工房、株式会社アビバ、株式会社スモー
ルブリッジ(カフェトーク)、株式会社日本ホールマーク、株式会社ECC、切手の博物館、銀座・伊東屋、髙尾 均(ヴィン
テージ年賀状)、逓信総合博物館、特定非営利活動法人フォトカルチャー倶楽部および写真年賀状コンテスト受賞者の皆様
(山口万里子、小濱登世子、渡辺安夫、古森貞紀、川合一徳)、富士フイルムイメージングシステムズ株式会社