郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

留学生応援ページ 留学先に送ってベンリ!国際郵便らくらくナビ

国際郵便マイページサービス 国際郵便のお問い合わせ・よくあるご質問はこちら
送る前に知っておこう! 何を送ろう?迷った時は お役立ち情報! あなたはどの送り方? スピードと料金で選ぼう 利用シーンで選ぼう

これで安心! 安全な包装のすすめ

用意するもの

頑丈な箱(ダンボールなど)

※肉・野菜などの生鮮食品や家電製品の空き箱は避けましょう。

(輸入を禁止している国があります。
詳しくは国・地域別情報(国際郵便条件表)でご確認ください。)

海外あてにも使えるゆうパック包装用品はこちら
EMSオリジナル包装用品はこちら

ガムテープビニール袋(衣類や本などを水濡れや汚れから守ります)緩衝材(新聞紙・エアクッションなど)
梱包の仕方

1.箱はH字に止めましょう。

※水の侵入を防ぎ強度もUP
※ヘリや箱の中心にもガムテープを貼ると更に強度UP
※発送用ラベルは開封口へかからないように貼ります

重いものは・・・

※箱は厚手の箱(ダブルカートンなど)が安心です
※バンドを掛けて運びやすくするとより良いです
※ひものかかる角にあて紙をするとさらに安心です


2.衣類や本などは中身の見えるビニール袋に入れて

万が一の水漏れや検査も安心です

3.本を印刷物として送る場合

ガムテープやノリでは封をせず、紐で縛って差し出します。(税関検査で開封できる状態にします。)

4.こわれもの・液体の扱い

海外への発送には「こわれもの」「天地無用」の取り扱いがありません。
もしも送る場合は…二重包装に!

ビニール袋に入れます 内箱に入れる ※水を吸う緩衝材(紙など)を使いましょう! ※内箱と外箱の間にも緩衝剤を入れます ※こわれものが箱の中心に収まるように入れましょう ※上下左右に緩衝材を均一に入れましょう

5.危険な包装の仕方

複数の箱をガムテープや紐で1つにして出すのは非常に危険です!
海外へ送る荷物は、輸送途中に税関による検査が行われる場合があります。
※税関で開封検査を行うために分割されることも! 発送用ラベルが片方しかないので、あて先不明の原因になります。

6.小さいものを送る場合

箱の中身の間にすき間ができると荷物がこわれやすくなるため、緩衝材を利用しましょう。

※各国への送るものは国・地域別情報(国際郵便条件表)をチェックしましょう

日本郵政グループ
Copyright (c) JAPAN POST Co.,Ltd. All rights reserved.