#
郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 郵便・荷物 > はこぽす > 受取ロッカー利用規定

受取ロッカー利用規定

第1条(適用)

  1. この受取ロッカー利用規定(以下「本規定」といいます。)は、受取人又は荷受人の不在のため日本郵便株式会社(以下「当社」といいます。)が保管した荷物又は郵便物(以下「不在保管荷物等」といいます。)を受け取るためのロッカー(当社が指定するものに限ります。以下「受取ロッカー」といいます。)の利用に関し、適用する個別規定です。
  2. 本規定において使用する用語は、本規定において定義するものを除き、次の各号に掲げる約款又は規約において使用する用語の例によります。
    1. ゆうびんポータル利用規約(http://www.post.japanpost.jp/service/portal/kiyaku.html
    2. MyPost利用規約(https://www.mypost.post.japanpost.jp/st/pc/policy/index.html
    3. 荷物運送約款(ゆうパック約款及びゆうパック運賃料金表並びにゆうパケット約款及びゆうメール運賃料金表(http://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/5-1.pdf(PDF526kバイト))をいいます。以下同じとします。)
    4. 郵便約款(内国郵便約款並びに同約款に附属する料金表、別記、附則及び別冊並びに受取人不在等の場合の書留郵便物の取扱いに係る試験的役務に関する約款(http://www.post.japanpost.jp/about/yakkan/)をいいます。以下同じとします。)
  3. 受取ロッカーの利用(以下「受取ロッカー利用」といいます。)をする荷受人又は受取人(次条第1項に規定する者を含みます。以下「ロッカー利用者」といいます。)は、あらかじめ本規定に同意したものとみなします。
  4. 不在保管荷物等の取扱いについては、荷物運送約款又は郵便約款の定めるところによります。
  5. 当社は、本規定を随時変更することができるものとします。この場合において、変更後の本規定は、ロッカー利用者が第4条の規定による受取ロッカー利用の申出をしたとき(申出をしたものとみなされたときを含みます。)に、その効力を生ずるものとします。

第2条(事前手続等)

  1. 新たに受取ロッカー利用をしようとする者は、事前に、次の各号に掲げる資格を取得し、及びMyPost利用規約の規定により、「日本郵便 宅配ロッカー「はこぽす」」を選択差出人としていただきます。(MyPost上に表示される差出人名は「日本郵便 宅配ロッカー「はこぽす」」です。)
    1. ゆうびんポータル利用規約に規定する登録ユーザー資格
    2. MyPost利用規約に規定する本人確認済み利用者の資格
  2. ロッカー利用者は、受取ロッカー利用のために、前項第2号に掲げる本人確認済み利用者に係る登録情報(以下単に「登録情報」といいます。)を当社が使用し、又は当社から受取ロッカー利用に関する業務の委託を受けた第三者に開示することに同意していただきます。

第3条(不在保管荷物等)

ロッカー利用者が受取ロッカー利用により受け取ることができる不在保管荷物等は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ次に定める条件を満たす利用者宛のゆうパック若しくはゆうメールとする荷物又は郵便物に限ります。

  1. ゆうパックとする荷物の条件
    項目 条件
    配達先 利用する受取ロッカーの所在地を管轄する郵便局の荷物配達受持区域内であること。
    運賃の支払 元払としたものであること。
    大きさ 長さ54cm以内、幅41cm以内、厚さ13cm以内であって、これらの合計が100cmを超えないものであること。
    留置期間 荷受人等不在の場合の留置期間を指定しないものであること。
    内容品 なまもの、生きた動物その他当社において受取ロッカー利用による受取りに支障があると認める物を内容としないものであること。
    付加サービス 料金(セキュリティサービス料金を除きます。)その他運送に関する費用を収受する取扱いを付加しないものであること。
  2. ゆうメールとする荷物の条件
    項目 条件
    配達先 (1)に同じ。
    運賃の支払
    大きさ
    留置期間
    内容品
    付加サービス 一般書留料金又は簡易書留料金を適用するものであって、他の料金その他運送に関する費用を収受する取扱いを付加しないものであること。
  3. 郵便物の条件
    項目 条件
    配達先 利用する受取ロッカーの所在地を管轄する郵便局の郵便物配達受持区域内であること。
    料金の支払 料金受取人払としないものであること。
    大きさ 長さ54cm以内、幅41cm以内、厚さ13cm以内であって、これらの合計が90cmを超えないものであること。
    留置期間 受取人不在等の場合の留置期間を指定しないものであること。
    内容品 生鮮品、生きた動物その他当社において受取ロッカー利用による受取りに支障があると認める物を内容としないものであること。
    特殊取扱 一般書留とするもの(現金を内容とするものを除きます。)又は簡易書留とするものであって、他の特殊取扱としないものであること。

第4条(受取ロッカー利用の申出等)

  1. ロッカー利用者は、受取ロッカー利用により前条に規定する不在保管荷物等を受け取ろうとする場合には、当社所定のサイトにおいて、利用する受取ロッカーの情報、当該不在保管荷物等のお問い合わせ番号その他当社の指定する事項を入力した上、その旨を申し出ていただきます。
  2. 当社は、前項の規定による申出を受けた場合には、不在保管荷物等をロッカー利用者の指定した受取ロッカーに納入した上、その旨及び受取ロッカーの開扉に必要なパスワードを当該ロッカー利用者に通知します。
  3. 前項の場合において、ロッカー利用者は、受取ロッカー利用の中止又は第1項の規定による申出の内容の変更をすることができません。ただし、当社において、不在保管荷物等の取扱上支障がないと認めるときは、この限りでありません。
  4. 当社は、次の各号に掲げる場合には、第2項の規定にかかわらず、不在保管荷物等の受取ロッカーへの納入を中止し、又は延期することがあるものとします。この場合において、当社は、その旨をロッカー利用者に通知します。
    1. 荷物運送約款又は郵便約款の規定により、不在保管荷物等の配達先を変更する場合
    2. ロッカー利用者の氏名又は配達先が登録情報に含まれる利用者の氏名又は住所に合致しない場合その他の不在保管荷物等が前条に規定する条件を満たしていない場合
    3. 次の事由により第2項の規定による受取ロッカーへの納入が不能となった場合
    4. ロッカー利用者が第2条第1項第1号又は第2号に掲げる資格を失い、又は当該資格に係るサービス等の利用を停止若しくは制限された場合

第5条(利用者への通知の方法)

  1. 前条第2項及び第4項後段の通知その他宅配ロッカー利用に関する当社からロッカー利用者への通知の方法は、MyPostのレター又はE-Mailとします。
  2. 前項の規定は、同項に規定する方法以外の方法であって当社が適当と認めるものにより、当社が同項の通知をすることを妨げません。

第6条(利用者の責任等)

ロッカー利用者は、次の各号に掲げる事項を順守していただきます。

  1. 第4条第2項のパスワードを適正に管理すること。
  2. 荷物運送約款又は郵便約款の規定により当社が定める期間内に、当社の定める宅配ロッカーの操作方法に従って、適切に不在保管荷物等を受け取ること。
  3. 第1条第2項第1号及び第2号に掲げる規約の規定を順守すること。

第7条(返還)

当社は、ロッカー利用者が前項の規定に違反した場合には、不在保管荷物等を荷送人又は差出人に返還することがあります。

附則(2016日郵営427(2017.3.2))

本規定は、2017年3月6日から実施します。ただし、第4条、第6条第3号及び第7条の規定については、同年3月13日から実施します。

附則(2016日郵営427(2017.3.2))

この改正規定は、2017年3月31日から実施します。



(C) JAPAN POST