郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


収入印紙を契約書に間違えてはり付けてしまいました。どうしたらよいでしょうか?

STEP1
税務署に還付可能か問い合わせる

契約書に過剰に収入印紙を貼り過ぎたときは、「印紙税の過誤納に関する還付」を請求することにより、印紙税の還付が受けられる場合がございますので、お近くの税務署に還付の対象、請求方法等をお問い合わせください。また、貼付不要の文書に誤って貼ってしまったときも、同様に印紙税の還付を受けられる場合がございますので、お近くの税務署にお問い合わせください。

STEP2
税務署で還付の手続を行う


還付可能な場合は、必要なもの(下記を参照)を税務署までお持ちいただければ、銀行口座振込や郵便の窓口を通して、過誤納税金が還付されます。

手続に必要なもの

  • 収入印紙を貼り間違えた文書
  • 印鑑
  • 代表者印(法人の方)
  • 印紙税過誤納確認申請書 ※税務署で用意されています

収入印紙の交換と印紙税の還付について (国税庁の資料)(PDF204kバイト)

日本郵便株式会社・郵便局窓口に関するよくあるご質問トップ

お探しのQ&Aが見つからない場合は

郵便サービス全般のご質問にお答えいたします。