【画像】印刷用のヘッダー画像です
郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > お手紙文例集 > 手紙の豆知識 > 手紙の基礎知識 手紙の基本形式

手紙の基礎知識

手紙の基本形式

「頭語、前文、本文、末文、あとづけ」というのが手紙の一般的な構成です。

横書きの場合

縦書きの場合


手紙の基本形式の図解

1.頭語

おなじみの「拝啓」「謹啓」をはじめ、「拝復(返信の場合)」「前略(急ぎの場合)」など、冒頭に書く手紙固有の挨拶語です。

女性のプライベートな手紙の場合は省く方が普通です。もしくは、「ひと筆申し上げます」「前文お許しください」や「謹んでお手紙差し上げます」などを柔らかい表現を使う方がいいでしょう。

頭語と結語 一覧を見る

2.前文

時候の挨拶、相手の近況(安否)を尋ねる、自分の近況(安否)を知らせる、というのがいわば三大要素ですが、場合に応じて全部揃っていなくても構いません。

最近会ったばかりなのに「お元気ですか」などと書くのは違和感がある場合もあります。

「前略」「冠省」など、急ぐことを示す頭語を使う場合は、前文は省いた方がいいでしょう。

時候の挨拶 一覧を見る

3.末文

健康を祈る、返事を求める、などを使います。

結語は頭語と対応させて「拝啓」なら「敬具」「前略」なら「草々」などと決まっています。

頭語と結語 一覧を見る

4.あとづけ

日付自署あて名を入れます。

頭語と結語 一覧を見る