【画像】印刷用のヘッダー画像です
郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > お手紙文例集 > 手紙の豆知識 > 封筒の表書き・裏書きの書き方

封筒の表書き・裏書きの書き方

手紙の中で頭語のあとにくるのが時候の挨拶です。
季節感あふれる時候の挨拶をご紹介します。

表書き

  • 横長の封筒を使った場合など、切手を貼る位置に迷うことがありますが、「縦長にしたときに左上」になる位置に貼ります。
  • 住所や会社名・部署名などが長い場合など、最初に相手の氏名を中央に書くとバランスがとりやすくなります。
  • 企業にあてる丁寧な手紙の場合は(株)のように略字を使わず、「株式会社○○」のように書くのが正式とされています。
  • 敬称語は、現代ではほとんど「様」でOKです。
  • 団体や部署あての手紙で、担当者の個人名が特定できない場合は「○○課御中 郵便太郎様」のように敬称語を重複させるのは誤りです。

裏書き

  • 横書きの場合、差出人の住所・氏名を封筒の1/3におさまるように書きます。
  • 縦書きの場合、差出人の住所を裏に書く際に、継ぎ目の右側に住所、左側に氏名を書くのが正式とされています。
  • いずれも表書きより小さな字で書いた方がいいでしょう。
  • 封をするときは、セロハンテープやホッチキスでとめない方がいいでしょう。

海外あての手紙を出す場合には

海外あての欧文の表書きは間違えやすいので要注意です。頻繁に出す相手がいるなら、本人に書いてもらってコピーを貼付すると簡単で間違いがありません。特に、自治体名(州、郡など)、国名の間違いは致命的ですので、あて先、差出人の住所ともによく確認しましょう。