【画像】印刷用のヘッダー画像です
郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 国際郵便 > ご利用方法 > 税関告知書について
Language

国際郵便

ご利用方法

税関告知書について

税関告知書とは?

税関に対して郵便物の内容品を通知するための用紙で、CN22とCN23の2種類があります。荷物を海外へ郵送する際には、郵便物の内容品の品名、個数および価格等の詳細を具体的に記入し、郵便物に必ず貼付もしくは添付してください。

小包ラベル、EMSラベルには税関告知書CN23が2枚同封されていますので、別途作成いただく必要はありません。

  • 一部国・地域によっては、3枚以上必要な場合もあります。
    その場合、追加分はこちらからダウンロードし、記入ののちインボイスの納入袋に入れてください 。またはCN23をラベルから一旦抜取り、コピーして使う方法もあります。
CN22 300SDR未満の物品を同封する場合に必要となる書類です。
CN23 300SDR以上の物品を同封する場合に必要となる書類です。

EMSの発送に必要な書類

CN22について

CN22は、以前税関票符と呼ばれていたもので、本来は国際通常郵便物に300SDR以下の物品を同封して送る場合に必要なものです。

CN22
記入
内容
  1. 内容品が「贈物」「書類」、「商品見本」「その他」のどれになるかチェックしてください。
  2. 内容品について具体的な品名、価格、単価、合計額を記入してください。「生活用品」などのあいまいな表現は避けてください。
  3. ご存じの場合は、内容品のHSコードをご記入ください。
  4. 差出人様のご署名と差し出される日付をご記入ください。
注意
  1. 名あて国で通用する言語(または英語・フランス語)で作成してください。
  2. 内容品欄に内容品とあわせて、贈り物の時は「GIFT」、商品見本の場合は「SAMPLE, NO COMMERCIAL VALUE FOR CUSTOMS PURPOSE ONLY」と記載してください。
  3. 内容品の英語訳については、こちらをご覧ください。

内容品の英語訳


CN23について

CN23は、300SDR以上の物品を同封して送る場合に必要なものです。
EMS、国際小包を送る場合は、ラベル(送り状)に税関告知書が2枚同封されています。税関告知書が3枚以上必要な国については、この様式をご利用ください。

税関告知書CN23のダウンロード

CN23

料金・日数を調べる

送り先、送るもの、重さから計算