郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 国際郵便 > ご利用方法 > 送れないもの > 危険物 - 引火性液体
Language

国際郵便

国際郵便として送れないもの

危険物 - 引火性液体

国際郵便では法律・条約などによりお取り扱いできないものがございますので、ご注意ください。

この他に、国によって送れるものの制限がある場合がございます。

国・地域別情報

危険物 - 引火性液体

  1. 密閉容器テストの場合は摂氏60度(華氏140度)以下、開放容器テストの場合は摂氏65.6度(華氏150度)以下で引火性蒸気を発生させる液体、液体混合物、または溶液もしくは懸濁液の形で固体を含む液体(例えば、塗料、ワニス、ラッカー等が含まれる。ただし、その危険の性質により別に分類される物質は含まない。)。上記の温度は、一般に引火点と呼ばれる。
  2. (1)に掲げる液体のうち、引火点が摂氏35度(華氏95度)を超えるものは、以下に該当する場合には、引火性液体とみなす必要はない。
    • 3の物質の可燃性を試験する方法を用いても、燃焼しない場合
    • ISO2592に基づく燃焼点が摂氏100度(華氏212度)を超える場合
    • 水の含有量が重量で90パーセントを超える混和性溶液の場合
  3. それぞれの引火点または引火点を超える温度で運送される液体は、すべて引火性液体とみなす。
  4. 液体の状態で、高い温度で運送され、最高の運送温度(その物質が運送中にさらされると思われる最高温度)またはこれを下回る温度で引火性蒸気を発生させる物質は、また、引火性液体とみなす。
  5. [例]ベンゼン、ガソリン、アルコール、引火性溶剤および合成洗浄剤、引火性塗料、引火性ワニス、剥離剤、シンナー

料金・日数を調べる

送り先、送るもの、重さから計算