郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 郵便番号・バーコードマニュアル > バーコードに必要な文字情報の抜き出し法

目次に戻る | 前のページへ | 次のページへ

郵便番号・バーコードマニュアル

バーコードに必要な文字情報の抜き出し法(1/9)

カスタマバーコードに必要な文字情報の抜き出しから生成までの処理概要

住所を町域名までの住所Aと町域名以降の住所Bに分割します。

東京都千代田区霞が関1丁目3番2号 郵便プラザ503室
住所
東京都千代田区霞が関
住所A
町域名までの住所(郵便番号)
1丁目3番2号 郵便プラザ503室
住所B
町域名以降の住所(住所表示番号)
町域までの住所に郵便番号を設定します。

町域名以降の住所(住所表示番号)からバーコードとして必要な文字情報(住所表示番号)を抜き出します。

100-0013
(郵便番号)
1-3-2-503
(住所表示番号)

前記の郵便番号と住所表示番号を連結してカスタマバーコードの情報とします。
[カスタマバーコードの情報]
1000013
郵便番号
(注1)
1-3-2-503
住所表示番号

(注1)バーコードの情報を生成するときは、郵便番号の3~4けた目間のハイフンを省きます。
前記のカスタマバーコードの情報にチェックデジット、スタートコード、ストップコードを付加してカスタマバーコードを生成します。

(注2)「CC4」は、住所表示番号部分が13けたに満たない場合に充足する制御コードです。
(注3)「チェックデジット9」は、(7)の「チェックデジットの計算方法」を参照して下さい。


目次に戻る | 前のページへ | 次のページへ