郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


目次に戻る | 前のページへ | 次のページへ

郵便番号・バーコードマニュアル

バーコード(3/4)

カスタマバーコード

カスタマバーコードの寸法

カスタマバーコードの寸法は、次表のとおりとし(10ポイントの場合、a/10=1)、8≦a≦11.5の大きさを許すものとします(8ポイントから11.5ポイント相当)。

aポイント 比率 基準寸法(mm) 許容範囲(mm)
ロングバー長さ 6 3.6×a/10 3.40×a/10~3.60×a/10
タイミングバー長さ 2 1.2×a/10 1.05×a/10~1.35×a/10
バーピッチ 2 1.2×a/10 0.95×a/10~1.30×a/10
バー幅 1 0.6×a/10 0.50×a/10~0.70×a/10
バースペース 1 0.6×a/10 0.45×a/10~0.60×a/10
8≦a≦11.5

カスタマバーコードのフォーマットおよびけた数

カスタマバーコードのフォーマットは次のとおりとします。ただし、郵便番号の3けた目と4けた目の間のハイフンおよび郵便番号と住所表示番号を連結するハイフンは省きます。また、英字1文字は、制御コードと数字コードの組合せにより表現し、バーコード2けた分として扱います。

フォーマット スタートコード 郵便番号 住所表示番号 チェックデジット ストップコード
バーコードけた数
(1)
(7)
(13)
(1)
(1)

住所表示番号が規定のけた数13けたに対して過不足のある場合には、次により調整します。

13けたを超える場合 13けたまでの住所表示番号をバーコードに変換し、それ以上の情報は含めません。ただし、制御コード+数字コードで表される英字の制御コードが13けた目に当たる場合は、この制御コードに該当するバーコードまでを含めるものとします。
13けたに満たない場合 13けたになるまで制御コードCC4に該当するバーコードで埋めるものとします。

また、チェックデジットは、郵便番号~住所表示番号に盛り込む情報の各キャラクタをチェック用数字に置き換え、その合計が19の倍数となるように生成します。各キャラクタのチェック用数字への置き換えは、次のとおりとします。

バーコード用キャラクタ 0 1 2 3

4

5 6 7 8 9
チェック用数字 0 1 2 3

4

5 6 7 8 9

バーコード用キャラクタ
-
CC1
CC2
CC3
CC4
CC5
CC6
CC7
CC8
チェック用数字
10
11
12
13
14
15
16
17
18

目次に戻る | 前のページへ | 次のページへ