郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 郵便・荷物 > 郵便物(手紙・はがき等) > JIS S5502:2010「封筒」に適合する封筒の条件

JIS S5502:2010「封筒」に適合する封筒の条件

材料

原紙

封筒の原紙は、使用上支障のある裂け、孔、汚れなどがなく、表-1および表-2に適合しなければならない。
なお、合成紙は用いてはならない。
二重封筒の内側原紙は、表-1および表-2の規定を適用しない。
また、絹目加工(エンボス加工)を施したものには、表-2の平滑度は適用しないが、筆記が滑らかでなければならない。
加えて、封筒に用いる接着剤は、強固に接着できるもので、かつ、衛生上安全なものを用いなければならない。

表-1 原紙の坪量

封筒の種類 原紙の坪量(g/平方メートル)[1]
クラフト紙 その他の紙
一重封筒 長形
(寸法は下記参照)
2号 70、85 70以上
3号、4号、40号、6号 50、60、70、85 55以上
角形
(寸法は下記参照)
0号、2号、20号 70、85、100、120 70以上
3号、4号、5号、6号、7号 70、85、100 70以上
8号 50、60、70、85 55以上
洋形 1号、2号、4号、6号 50、60、70、85 70以上
二重封筒 - - 50以上

[1]坪量は、JIS P 8124に規定する方法で測定し、その判定は平均値とする。

  • クラフト紙の坪量の許容差は、プラスマイナス5%とする。
  • クラフト紙には、JIS P0001に規定する番号1018で定義したパルプ“半ざらしパルプ”などを使用した紙も含む。

呼称と寸法(単位:ミリメートル)

呼称 0号 1号 2号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 20号 40号
長形 - - 119×
277
120×
235
90×
205
- 110×
220
- - - 90×
225
角形 287×
382
- 240×
332
216×
277
197×
267
190×
240
162×
229
142×
205
119×
197
229×
324
-
洋形 - 176×
120
162×
114
- 235×
105
- 190×
98
- - - -
  • 部分は定形サイズです。

表-2 原紙の品質

原紙の種類 平滑度
s
[1]
不透明度

[2]
サイズ度
s
[3]
引裂強さ mN
[4]
明度
L*
[5]
一重封筒 クラフト紙 古紙パルプ40%未満配合品 - 80以上 10以上 420
以上
460
以上
77以上
古紙パルプ40%以上配合品 - 7以上 360
以上
410
以上
その他の紙   20以上 7以上 343以上
二重封筒 14以上 65以上 5以上 294以上

[1]平滑度…単位:s(秒)

平滑度は、JIS P 8119またはJIS P 8155に規定する方法で試験し、その判定は平均値とする。

[2]不透明度…単位:%(パーセント)

不透明度は、JIS P 8149に規定する方法で試験し、その判定は平均値とする。

[3]サイズ度…単位:s(秒)

サイズ度は、JIS P 8122に規定する方法で試験し、その判定は平均値とする。

[4]引裂強さ…単位:mN(ミリニュートン)

引裂強さは、JIS P 8116に規定する方法で試験し、その判定は平均値とする。

[5]明度

明度は、JIS P 8150に規定する方法で試験し、その判定は平均値とする。