日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


マンション管理組合・デベロッパーの皆さま

こんなお悩みございませんか?

そんなマンション管理組合・デベロッパーの皆さま、
当社が推奨する大型郵便受箱を設置してみませんか。

大型郵便受箱設置のメリット

メリット1

メリット1

差入口が大きくなった分、これまで再配達していた郵便物等でもそのまま受け取りいただけます。

メリット2

メリット2

マンション管理人さんがお預かりしている場合、その手間を省きます。

メリット3

メリット3

設置手数料として1戸あたり500円をお支払いします。


当社が推奨する大型郵便受箱の規格

当社が設置推奨する規格は、以下のとおりです。

  • 集合郵便受箱1戸分の高さが120mm以上あること
  • 差入口より縦340mm×横260mm×厚さ35mm の郵便物等が収納できること
  • 郵便物の取出口に施錠できること
  • 上記製品であることを外観上認識できるマーク・ロゴ等が表示されていること

大型郵便受箱設置者への手数料

集合住宅に当社が定める規格に適合した大型郵便受箱(当社Webサイトに掲載している推奨商品)を設置した方へ、1戸あたり500円(税別)の手数料をお支払いします(2014年10月2日以降に設置された商品を対象とします。)。

手数料受領申請の受付期間(手数料受付期間を延長しました)

2015年4月1日~2017年3月31日

手数料受領申請方法について

当社が推奨する大型郵便受箱設置に伴う手数料申請方法は以下の通りです。

  • 手数料をご請求されるお客さま(以下「請求者」といいます。)は、弊社Webサイトに掲載している交付請求書(別添様式)(PDF126kバイト)に必要事項を記入(注1)し、郵便受箱の設置者であることが確認できる資料(交付請求書参照)を準備いただきます。

    (注1)ブラウザ上で記入できないときは当該ファイルをいったんダウンロードしていただき、直接PDFファイルをお開きください。

  • 請求者は、交付請求書および郵便受箱の設置者であることが確認できる資料を、郵便受箱を設置した集合住宅の手数料の支払を受け持つ郵便局(注2)に提出いただきます。

    (注2)該当の郵便局はこちらから検索できます

  • 請求者が必要書類を該当の郵便局に提出後、郵便局で郵便受箱の設置状況等を確認させていただきます。
    郵便局で設置状況等を確認後、請求者の指定口座に手数料を入金いたします(必要書類を提出いただいてから概ね3か月以内に入金させていただきます)。