【画像】印刷用のヘッダー画像です
郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 郵便 > 内容証明

内容証明

一般書留郵便物の内容文書について証明するサービスです。

内容証明

内容証明とは

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

  • 当社が証明するものは内容文書の存在であり、文書の内容が真実であるかどうかを証明するものではありません。
  • 内容文書とは、受取人へ送達する文書をいいます。
    謄本とは、内容文書を謄写した書面をいい、差出人及び差出郵便局において保管するものです。

また、電子内容証明サービス(e内容証明)では、インターネットで24時間受付を行っています。

内容証明の差出方法等

主な内容証明の差出方法等は、次のとおりです。

  1. 差出郵便局
    差し出すことのできる郵便局は、集配郵便局及び支社が指定した郵便局です。
    すべての郵便局において差し出すことができるものではありませんので、あらかじめ差し出そうとする郵便局へお尋ねください。
  2. 差出方法
    郵便窓口に次のものを提出していただきます。
    (1)内容文書(受取人へ送付するもの)
    (2)(1)の謄本2通(差出人及び郵便局が各1通ずつ保存するもの)
    (3)差出人及び受取人の住所氏名を記載した封筒
    (4)内容証明の加算料金を含む郵便料金
    念のため、差出人の印鑑をお持ちいただくことをお勧めいたします。
    • 内容文書・謄本とも、用紙の大きさ、記載用具を問いませんから、市販の内容証明用紙以外の用紙を用いても、また、コピーにより作成してもかまいません。ただし、謄本には字数・行数の制限があります。詳細はご利用の条件等をご覧ください。
  3. その他
    差出人は、差し出した日から5年以内に限り、差出郵便局に保存されている謄本の閲覧を請求することができます。また、差出人は差し出した日から5年以内に限り、差出郵便局に謄本を提出して再度証明を受けることができます。

ご利用の条件等

内容証明についてのよくあるご質問

ご利用料金

内容証明の加算料金は430円 (2枚目以降は260円増)となります。
なお、切手でお支払いいただく場合は、封筒に貼付せずに、郵便窓口までお持ちください。


  1. 一般書留とする必要があります。
  2. 速達、一般書留、引受時刻証明、配達証明、特別送達、本人限定受取、代金引換及び配達日指定以外のオプションサービスとすることはできません。
  3. 同文内容証明については、1通は上記に定める額とし、その他は1通ごとにその半額となります。
    • 同文内容証明とは、同時に2通以上の内容証明郵便物を差し出す場合において、その内容文書が同一内容のものをいいます。
  4. 差出郵便局で謄本を閲覧する場合の料金は430円となります。

内容証明をご利用いただけるサービス

内容証明と併せてご利用可能な主なオプションサービス