【画像】印刷用のヘッダー画像です
郵便局
あたらしいふつうをつくる。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 料金を計算する > 料金別納 > 料金別納 表示の方法

料金別納 表示の方法

表示方法の種類

円形のほか、四角形のものもご利用いただけます。さらに下部には差出人の業務を示す広告等も掲載できます。

表示形式

  1. 下記以外の郵便物・荷物

  2. 3日程度の送達余裕承諾をした広告郵便物、区分郵便物、第三種郵便物(特割)

  3. 7日程度の送達余裕承諾をした広告郵便物、区分郵便物、第三種郵便物(特特)

広告等の表示の例

ご利用可能なサイズ・注意点

  • 円形の表示の大きさは、直径2cm〜3cmです。
  • 四角形の表示の大きさは、縦・横それぞれ2cm〜3cmです。
  • 差出事業所名の下に2本線がある場合(送達に余裕承諾をした場合の表示)は、その間隔が1mm〜2mmまでです。
  • 差出人の業務を示す広告等を掲載できる大きさは、表示の下部2分の1以内です。
  • 郵便物・荷物の外部に差出人の氏名、住所等を明りょうに記載した場合には、差出事業所名を省略できます。
  • 表示上部の「差出事業所名」は、郵便物・荷物を差し出す郵便局名を表示してください。
    (例:銀座郵便局へ差し出す場合 → 銀座局)
  • 次に該当する場合は、差出人の業務を示す広告等として記載することができませんので、注意してください。

    1. 公の秩序または善良の風俗に反するもの
    2. 法令の規定に違反するもの(法令の例:商標法、不当景品類及び不当表示防止法等)
    3. 郵便事業の信用または品位を害するもの
    4. その他不適当と認められるもの