郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 料金を計算する > 料金後納 > 後納郵便物等の他局差出制度

後納郵便物等の他局差出制度

  • 複数の郵便局で料金後納を利用する場合は、1箇所の郵便局(特例承認局に限ります。)で料金後納の承認請求、担保の提供および後納料金のお支払いを一括して行うことができます。
  • 特例承認局とは、後納郵便物等の取扱量が大量である郵便局として、支社が指定した郵便局をいいます。

利用例

利用例1

A社は、特例承認局であるP郵便局の他局差出承認を受ければ、Q郵便局およびR郵便局にも後納郵便物等を差し出すことができます。

■ 利用形態
利用例1:利用形態

■ 料金の支払方法
利用例1:料金の支払方法

利用例2

B社は、特例承認局であるS郵便局の他局差出承認を受ければ、S郵便局のほか、「B社C支店」の名称でT郵便局に、また、「B社D支店」の名称でU郵便局にも後納郵便物等を差し出すことができます。

■ 利用形態
利用例2:利用形態

■ 料金の支払方法
利用例2:料金の支払方法

  • B社は、C支店およびD支店分を含め、自社分の後納料金を一括してS郵便局にお支払いいただきます。