日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです



特殊切手

「伝統的工芸品シリーズ 第1集」の発行

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鍋倉眞一)は、私たちの生活に豊かさと潤いをもたらす伝統的工芸品(※)について理解を深めるため、伝統的工芸品を題材として選定し、新たに特殊切手「伝統的工芸品シリーズ」を発行します。

  • 伝統的工芸品
    「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」(昭和49年5月25日公布)に基づいて経済産業大臣が指定した工芸品のことを指します。平成24年8月1日現在、全国で212品目が指定を受けています。

発行する切手の内容

名称 伝統的工芸品シリーズ 第1集
発行日 平成24(2012)年10月25日(木)
種類 80円郵便切手
切手

80円郵便切手

シート構成・意匠
(1): 博多人形・福岡県 (6): 京扇子・京都府
(2): 雄勝硯(おがつすずり)・宮城県 (7): 加賀友禅・石川県
(3): 喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)・沖縄県 (8): 九谷焼・石川県
(4): 大堀相馬焼・福島県 (9): 南部鉄器・岩手県
(5): 津軽塗・青森県 (10): 壺屋焼(つぼややき)・沖縄県
余白:ロゴマーク
1シート10枚(縦2枚×横5枚)/※1枚から販売します。
小切・印面寸法 縦36.0mm×横36.0mm
シート寸法 縦93.5mm×横215.0mm
切手デザイナー 丸山 智
版式刷色 オフセット6色
発行枚数 1,000万枚(100万シート)
販売場所 全国の郵便局等
(日本郵便株式会社Webサイト内「切手SHOP」のほか郵便振替による通信販売も行います。)(※)

※切手SHOPへの掲載は、システムメンテナンスの都合上、10月上旬を予定しています。

発行する郵便切手のデザイン

第1集では、東日本大震災の復興を促すため、東北地域の工芸品や、平成24年度伝統的工芸品月間全国大会開催地である石川県の工芸品等を題材として取り上げています。

(1)博多人形・福岡県

慶長5(1600)年、黒田長政の筑前入国に伴って素焼き人形が焼かれたのが起源と言われています。江戸中期には土型を用いて製作されるようになり、美人や歌舞伎、能、風俗等多くの題材が用いられるようになりました。落ち着いた美しさときめ細かい細工が特徴です。

(2)雄勝硯(おがつすずり)・宮城県

歴史は大変古く、約600年前の室町時代の頃と伝えられています。雄勝硯の原石となる雄勝石は、黒色硬質粘板岩(こくしょくこうしつねんばんがん)で石質が中国の銘硯端渓石(めいけんたんけいせき)と羅紋石(らもんせき)の特徴を備え、墨色若しくは暗藍色の滑らかな石肌をもち、発墨も良好で優雅な感じを与える逸品です。

(3)喜如嘉の芭蕉布(きじょかのばしょうふ)・沖縄県

沖縄でも最も古い織物の一つで、起源は13世紀頃と言われています。糸芭蕉(いとばしょう)(バナナの一種)から取り出した繊維を琉球藍(りゅうきゅうあい)、テカチなどの植物染料で染め、手投杼を用いて織ります。軽くさらりとした肌触りは南国の着物として最適です。

(4)大堀相馬焼・福島県

元禄3(1690)年の創業と同時に近在の人々に陶技が広まり、半農半工で焼かれてきました。製品は青磁釉(せいじゆう)を中心に、あめ釉(あめゆう)、呉須(ごす)等を使用した日用品で厚く丈夫です。

(5)津軽塗・青森県

津軽四代藩主信政(1646~1710年)の時代に召し抱えられた塗師池田源兵衛が創始者と伝えられています。津軽ヒバを素地に木地に布を貼り、各種の色漆を塗重ね研ぎを繰り返し、50工程余りを経て作られる小紋風の粋なパターンの「ななこ塗り」、つや消しの渋い黒地がモダンな肌合いの「紋紗(もんしゃ)塗り」など多彩な技法を駆使し堅牢で優美な塗りが特徴です。

(6)京扇子・京都府

起源は奈良時代に遡りますが、今日の技法が確立したのは能や茶の文化が盛んになった16世紀と言われています。檜、杉、白檀(びゃくだん)などの木版を束ねた板扇(いたおうぎ)と、竹や象牙などの扇骨(せんこつ)に紙や絹を貼った貼扇(はりおうぎ)があります。

(7)加賀友禅・石川県

17世紀前半に加賀御国染の技法に絵画調の模様を取り入れたのが起源と言われています。色彩は紅系統を生かした多彩色で、加賀五彩と呼ばれる基本色を基調に濃淡の調子がつけられます。またボカシにも特徴があります。

(8)九谷焼・石川県

17世紀中頃、九州の磁器の影響を受け開窯しました。やや青味を帯びた素地に呉須による線描き、九谷五彩と呼ばれる色を使った力強い絵画調の絵付(えづけ)を施した陶磁器を産出しています。

(9)南部鉄器・岩手県

17世紀中頃南部藩の盛岡で京都から釜師を招いて茶の湯釜をつくらせたのが始まりです。「質実剛健・丈夫で長持ち」が南部鉄器のイメージですが、描かれた様々な絵柄紋様は作り人の心の機微や温もりを肌で感じさせてくれます。

(10)壺屋焼(つぼややき)・沖縄県

起源は15世紀まで遡ります。製品は荒焼と上焼に大別され、前者には無釉(むゆう)の比較的大きな製品があり、後者には釉薬(ゆうやく)を施し沖縄独特の色彩、図柄をもつ食器等があります。

余白:ロゴマーク

伝統的工芸品の表示、その他の宣伝について統一イメージで消費者にアピールするため、伝統的工芸品のシンボルマークとしてロゴマーク(伝統マーク)が定められています。著名なデザイナー亀倉雄策(かめくらゆうさく)氏のデザインによるもので、伝統の「伝」の字と日本の心を表す赤丸とを組み合わせたものです。

その他

郵便事業株式会社銀座支店において、通信販売を行います。
通信販売の詳細はこちら

インターネットでの通信販売を行います。
インターネットによる通信販売はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

【販売業者】

販売業者名   日本郵便株式会社
代表者氏名   髙橋 亨
住所   〒100-8798 東京都千代田区霞が関一丁目3番2号
受付窓口   お客様サービス相談センター
Tel:0120-2328-86
受付時間 平日8:00~22:00/土・日・休日9:00~22:00

【支払方法】

ゆうちょ銀行の「振替払込書」の払込みによってお支払いただきます。

【申込期限】

平成24年11月26日(月)まで。
なお、申込期限前であっても、販売状況によりご希望に添えない場合があります。

【商品の引渡し時期】

平成24年10月11日(木)までにお申込みの場合は、発行日から順次送付します。
平成24年10月12日(金)以降お申込みの場合は、入金の確認後、概ね3週間商品到着に時間がかかる場合があります。

【返品に関する特約】

お届けした切手に瑕疵があった場合は、到着後、上記連絡先までご連絡ください。
なお、切手の瑕疵以外での返品には応じかねます。

お問い合わせ先

切手

新着切手情報一覧を見るNEW

切手アーカイブ

過去の発行一覧および発行計画

特殊切手

年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)

表示

過去の発行一覧
過去の発行計画

ふるさと切手

年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)

表示

過去の発行一覧
過去の発行計画


テーマで切手を選ぶ


アニメ


名所・旧跡


ワールド


花・果物


国内の世界遺産


地方自治シリーズ


仏像・古美術


イベント

  • 慶弔用切手は「普通切手」に掲載しております。

【注意】
切手の種類によっては、売り切れの場合もございます。
お買い求めの際にはお手数ですが、事業所へお問い合わせください。

切手関連サービス

オリジナル切手作成サービス

あなたのお気に入り写真で、世界に一つだけの切手シートを作成。

切手・はがき関連情報

はがきの種類