日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです



特殊切手

「干支文字切手」の発行

郵便事業株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 北村憲雄)は、平成16年から発行しご好評をいただいている、翌年の干支文字を様々な書体で書き表した特殊切手「干支文字切手」及び「通常版切手帳(干支文字切手)」を発行いたします。

発行する切手の内容

名称 干支文字切手
発行日 平成20年11月21日(金)
種類 80円郵便切手
切手

シート構成・意匠

(1)  金文(きんぶん)の牛
(2)  金文の丑 
(3)  金文による牛 
(4)  隷書(れいしょ)をもとにした己丑(きちゅう)
(5)  ひらがなのうし 
(6)  牛の頭部を前面から描いた形 
(7)  隷意(れいい)を基に牛
(8)   
(9)  篆書(てんしょ)をもとにした己丑
(10)  甲骨文字(こうこつもじ)の丑
1シート10枚/※ 1枚から販売します。
(1) 中村 雲龍  (なかむら うんりゅう)
(2)  正人 (せき まさと)
(3) 赤平 泰処 (あかひら たいしょ)
(4) 中井 史朗 (なかい しろう)
(5) 渡辺 墨仙 (わたなべ ぼくせん)
(6) 安藤 豐邨 (あんどう ほうそん)
(7) 田岡 正堂 (たおか せいどう)
(8) 中原 茅秋 (なかはら ぼうしゅう)
(9) 村野 大仙 (むらの たいせん)
(10) 小林 抱牛 (こばやし ほうぎゅう)
印面・小切れ寸法 縦 36.5mm × 横 28.05mm
シート寸法 縦 222.5mm × 横 112.2mm
版式刷色 オフセット5色・エンボス加工
発行枚数 2,000万枚 (200万シート)
考証助言 松丸 道雄(まつまる みちお) (東京大学 名誉教授)
デザイン 森田 基治(もりた もとはる) (切手デザイナー)
販売場所 全国の郵便局及び郵便事業株式会社支店等
(通信販売も行います。)

発行する切手帳の内容

名称 通常版切手帳(干支文字切手)
発行日 平成20年11月21日(金)
価格 1,200円(切手1シート800円を含む。) ※1
寸法 縦 257.0mm × 横 182.0mm ※2
発行部数 5万部
商品概要 特殊切手「干支文字切手」1シートを収めた見開きの切手ケースです。切手ケースは厚紙となっており、ケース内側には、切手デザインの説明等を記載しています。
販売場所 原則として別添の郵便局及び郵便事業株式会社支店等。
(通信販売も行います。) ※3
※1  切手帳は切手1シートとのセット販売のみです。切手を除いたケースのみの販売は行いません。
※2  切手帳を折りたたんだ状態。寸法は、若干変更となる場合があります。
※3  その他の郵便局においては、お取り寄せによる販売となります。
なお、発行部数が5万部のため、売り切れる場合もございますので、予めご了承ください。

切手帳のイメージ
表面
表面
切手帳を開いた状態
切手帳を開いた状態
※画像はイメージです。実際の商品と多少異なる場合があります。

発行する郵便切手のデザイン等

【「干支文字切手」について】

複数の書家が様々な書体で書き表した翌年の「干支文字」をデザインした切手は、平成16年(平成17年の干支「酉」)から発行しており、本年で5年目を迎えます。
来年の干支である「丑」の書を基としたデザインのほか、印刷の段階で強く圧力をかける技法で、文字の一つ一つが点字のように盛り上がっている「エンボス加工」と細かな文字「微細文字」の特殊印刷が施されています。

【切手デザインについて】(解説は書家の方々からのコメント)

(1) 金文の牛(象形文字(しょうけいもじ))
牛の頭部を前面から描いた形で、大きな角を強調して、雄々しく堂々たる存在感ある牛を表現しようと試みた。
(2) 金文の丑(金文)
周(しゅう)代の古璽(こじ)に雑形璽(ざっけいじ)と称する変形の璽(じ)(戦国時代以前の印)があり、この形に倣って金文体を入れた。
(3) 金文による牛(篆書)
西周(せいしゅう)時代の金文(青銅器にみられる文字)をもとにして、悠揚と堂々と前進する牛を思い浮かべて表現した。
(4) 隷書をもとにした己丑(隷書)
毛筆書きにする為に現代感覚で、表現してみた。
(5) ひらがなのうし(かな)
変形仮名を使わず、平易な二字の組み合わせに意を用い、かな本来のもつ優美で雅な雰囲気の表現を試みた。
(6) 牛の頭部を前面から描いた形(甲骨文)
三千年前に使われた直線的で切れ味の鋭い甲骨文を古代色豊かに、現代に蘇生させるべく試みた。
(7) 隷意を基に牛(楷書(かいしょ))
豊潤で線に生命力があり、呼吸のながい表現になればと思いつつ書いた。
(8) 丑(楷書)
骨組みがたくましく、力強い牛にしたいと思い、龍門造像記(りゅうもんぞうぞうき)に書かれている筆法を参考にして表現した。
(9) 篆書(てんしょ)をもとにした己丑
篆書体の書線に細い太い変化をつけ、行意を入れて造形に動きを加え、現代的な情感を盛り込んで表現してみた。
(10) 甲骨文字(こうこつもじ)-古くから十二支の丑に当てられてきた
手指を立てて、強く物を執る形に象った象形文字。簡素な線の組合せだが、存分に字義を表現し得て妙。

【背景「農夫図屏風(のうふずびょうぶ)(部分)」(渡辺始興(わたなべしこう) 画)について】

渡辺始興(1683-1755)は、江戸時代中期の画家です。狩野派、大和絵を学ぶとともに、写生にも力を入れ、様々な画風を巧みにこなしました。
「農夫図屏風」は、牛を連れて家路につく若い農夫が描かれています。淡く彩られた秋草の咲く野辺を牛がゆったりと歩んでいます。
切手シートの背景画には、この「農夫図屏風」の一部分を使用しています。
所蔵:東京国立博物館

.

その他

通信販売の詳細はこちら

インターネットによる通信販売はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

お問い合わせ先

切手

新着切手情報一覧を見るNEW

切手アーカイブ

過去の発行一覧および発行計画

特殊切手

  • 年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)
表示

過去の発行一覧
過去の発行計画

ふるさと切手

  • 年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)
表示

過去の発行一覧
過去の発行計画


テーマで切手を選ぶ


アニメ


名所・旧跡


ワールド


花・果物


国内の世界遺産


地方自治シリーズ


仏像・古美術


イベント

  • 慶弔用切手は「普通切手」に掲載しております。

【注意】
切手の種類によっては、売り切れの場合もございます。
お買い求めの際にはお手数ですが、事業所へお問い合わせください。

切手関連サービス

オリジナル切手作成サービス

あなたのお気に入り写真で、世界に一つだけの切手シートを作成。

切手・はがき関連情報

はがきの種類