日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです



特殊切手

「日本ブラジル交流年」の発行

明治41(1908)年4月28日、第1回日本人移住者を乗せた笠戸丸が神戸港を出航し、約2か月後の6月18日にブラジル・サントス港に入港しました。ここに日本人のブラジル移住が始まりました。
日本ブラジル(日伯)両政府は日本人ブラジル移住100周年にあたる、平成20(2008)年を「日本ブラジル交流年」としました。
今回「日本ブラジル交流年」を記念して、切手を発行します。
なお、販売概要については、後日お知らせします。

発行する切手の内容

名称 日本ブラジル交流年
発行日 平成20(2008)年6月18日(水)
種類 80円郵便切手
切手

シート構成・意匠

  1. 移住開始当初のビザスタンプとコーヒー豆
  2. コーヒーの実と笠戸丸
  3. キリスト像
  4. リオデジャネイロ
  5. イグアスの滝I
  6. イグアスの滝II
  7. サルバドール歴史地区I
  8. サルバドール歴史地区II
  9. モルフォチョウ
  10. オニオオハシ
1シート10枚/1枚から販売します
印面寸法 縦35.5mm×横28.0mm
小切れ寸法 縦38.5mm×横28.0mm
シート寸法 縦222.5mm×横93.5mm
版式刷色 グラビア6色
発行枚数 1,500万枚(150万シート)
デザイン 兼松 史晃(かねまつ ふみあき)(切手デザイナー)

発行する切手のデザイン等

日本ブラジル交流年とは

日伯両政府は、平成16年9月、小泉総理(当時)がブラジルを訪問した際に、ルーラ・ブラジル大統領との間で、日本人ブラジル移住100周年にあたる平成20(2008)年を「日本ブラジル交流年」として祝うことで合意しました。
日本ブラジル交流年では、世界最大の日系社会を有するまでになった日本人のブラジル移住の100周年を祝うことはもちろんですが、これに留まらず、より幅広い両国国民の間で交流事業を行うことで、未来に向かって日伯両国の結びつきを強めることを目指しています。
経済、社会、文化、芸術、学術、観光、スポーツなど幅広い分野での交流を行う予定です。

デザインについて

(1)移住開始当初のビザスタンプとコーヒー豆
移住開始当時(1908年)のブラジル領事館ビザスタンプ印影とコーヒーの豆・実
(2)コーヒーの実と笠戸丸
移住船「笠戸丸」とコーヒーの実
(3)キリスト像
リオデジャネイロのコルコバードの丘に立つキリスト像
(4)リオデジャネイロ
世界3大美港の一つ
(5)(6)イグアスの滝
イグアス川の下流にある世界遺産の一つ
(7)(8)サルバドール歴史地区
歴史的面影を残した建物が点在する地区であり世界遺産の一つ
(9)モルフォチョウ
ブラジルでポピュラーな蝶
(10)オニオオハシ
主に南アメリカに分布するブラジルの国鳥

お問い合わせ先

その他

通信販売の詳細はこちら

「郵趣のための押印サービス」及び「特別日付印の意匠等」についてはこちら

切手

新着切手情報一覧を見るNEW

切手アーカイブ

過去の発行一覧および発行計画

特殊切手

年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)

表示

過去の発行一覧
過去の発行計画

ふるさと切手

年度別発行一覧(切手のデザイン等はこちら)

表示

過去の発行一覧
過去の発行計画


テーマで切手を選ぶ


アニメ


名所・旧跡


ワールド


花・果物


国内の世界遺産


地方自治シリーズ


仏像・古美術


イベント

  • 慶弔用切手は「普通切手」に掲載しております。

【注意】
切手の種類によっては、売り切れの場合もございます。
お買い求めの際にはお手数ですが、事業所へお問い合わせください。

切手関連サービス

オリジナル切手作成サービス

あなたのお気に入り写真で、世界に一つだけの切手シートを作成。

切手・はがき関連情報

はがきの種類