日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 切手・はがき情報 > 切手 > 特殊切手 平成15年度発行一覧 > 平成15年特殊切手「日本郵政公社設立記念80円郵便切手(シール式)」

日本郵政公社設立記念80円郵便切手(シール式)

名称 日本郵政公社設立記念
種類 80円郵便切手
切手・意匠

日本郵政公社設立記念

  1. 福寿草(四季花鳥図巻(部分))
  2. 桜草(四季花鳥図巻(部分))
  3. 菫と木瓜(四季花鳥図巻(部分))
  4. 土筆(四季花鳥図巻(部分))
  5. 藤(四季花鳥図巻(部分))
  6. 垂れ桜と燕(四季花鳥図巻(部分))
  7. 額紫陽花(四季花鳥図巻(部分))
  8. 辛夷(四季花鳥図巻(部分))
  9. 河骨と鷭(四季花鳥図巻(部分))
  10. 牡丹と芍薬と蝶(四季花鳥図巻(部分))
発行日 平成15(2003)年4月1日(火)
印面寸法 縦33.0mm・横33.0mm
版式刷色 グラビア8色
背景 鉄線と牡丹(四季花鳥図巻(部分)) 酒井抱一画(東京国立博物館蔵)
デザイン 森田 基治(技芸官)

発行する郵便切手のデザイン等

日本郵政公社設立について

平成15(2003)年4月1日に日本郵政公社が設立されます。日本郵政公社は、独立採算制の下、信書及び小包の送達の役務、簡易で確実な貯蓄、送金、債権債務の決済の手段、簡易に利用できる生命保険を提供する業務等を総合的かつ効率的に行うことを目的とする国営の新たな公社です。

デザイン等について

本件切手のデザインは、江戸時代後期の琳派の画家酒井抱一によって描かれた四季花鳥図巻から採用しています。
四季花鳥図巻は、春夏及び秋冬の二巻仕立てで構成された豊饒華麗な図巻です。曲線を効果的に用いて、多様な植物と鳥類・昆虫に生き生きとしたリズムをつけ加えています。
本図巻に描かれている美しい花や鳥たちは、普通切手のテーマである「日本の自然」にも通じるもので、それらの中から、日本郵政公社の設立時期にちなみ、春から初夏をイメージさせる図柄を10種の切手としてデザインしました。
また、本件切手の印刷には、平成13(2001)年発行の「日本国際切手展2001記念郵便切手(シール式)」に続き、グラビア方式による8色印刷を採用したほか、平成14(2002)年発行の「切手趣味週間にちなむ80円郵便切手」に続き、「メタリックマルチイメージ(金属多重模様)」と呼ばれる特別な技術を採用しています。角度を変えて見ることで、「〒」及び「JAPAN POST」の文字が交互に浮かび上がります。
切手シートの切手以外の部分には、日本郵政公社のロゴマークをデザインしています。このロゴマークは、赤い正方形が4つの方向を示し、卓越したサービスを日本全国どこでも受けられる日本郵政公社の進化し続ける姿勢を表しています。カラーは、「赤」を基調とすることで、日本郵政公社のシンボルマークである〒マークとのイメージの統一を図っています。
なお、御利用いただく際に便利なように、本件切手はシール式にしています。

販売概要

販売場所

全国の郵便局等

シート構成

10枚(10種連刷)

売価

1シート800円
なお、1枚から販売します。

通信販売

東京中央郵便局において通信販売を行います。

郵便振替によるお申し込み
平成15(2003)年5月1日(木)までに、全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「切手注文専用振替用紙」でお申込みください。

郵便貯金の自動払込みによるお申し込み
特殊切手やふるさと切手を継続して購入御希望の方は、1回の申込みで継続して郵便切手の購入ができる郵便貯金の自動払込み制度を利用した通信販売サービスが便利です。全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「自動払込利用申込書」により平成15(2003)年3月20日(木)までにお申込みください。

郵趣のための押印サービス

押印サービスの実施

特別日付印による初日押印サービスを次表のとおり実施します。

区別 押印方法 記念押印 引受消印 取扱郵便局
特印 黒活 特印 黒活
窓口 手押し
(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)

(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)
取り扱う印ごとに
別表1から別表4
までに示す郵便局
押印機
(機械ハト印のみ)

(機械ハト印のみ)
郵頼 手押し
(和文ハト印のみ)

(和文ハト印のみ)
東京中央郵便局
押印機
(機械ハト印のみ)
-
(機械ハト印のみ)
東京中央郵便局

(注)

  1. 「郵頼」とは、郵便による初日押印の申込みのことです。
  2. 「特印」とは、特殊通信日付印のことです。また、「黒活」とは、和文ハト印、欧文ハト印及び機械ハト印の総称です(これらの意匠については、「特殊通信日付印等の意匠」を参照願います。)。
  3. 「引受消印」のうち欧文ハト印及び機械ハト印については、外国あてとするものに対するものに限ります。

郵頼による記念押印・引受消印の申込方法

所要の郵便切手シート代金(郵便為替の「普通為替」又は「定額小為替」によること。)を添え、次の要領で「記念押印」及び「引受消印」の各別にお申込みください。

記念押印
郵便切手をはる位置、郵便切手の意匠及び押印箇所を指定した封筒若しくは台紙又はこれらに類するもので材質が紙であるもの(1枚の大きさが23.5cm×12.0cm以内のもの。ただし、切手シートのまま記念押印を希望される場合は、22.9cm×16.2cm以上33.2cm×24.0cm以内のものとしてください。)に返信用封筒(返送先を明記し、必要な郵便切手をはり付けたもの)を添え、送付してください(シート内に記念押印を不要とされる郵便切手がある場合は、返信用封筒に同封して送付します。)。
なお、申込封筒の表面左横には、それぞれ次のとおり朱書きしてください。

1. 手押しによる押印 ・・・・・・ 「公社設立記念」
2. 押印機による押印 ・・・・・・ 「公社設立押印機記念」
(切手シートのままの記念押印は、手押しに限ります。)

引受消印
郵便切手の意匠を指定の上、あて名を明記した定形郵便物の大きさの封筒又は私製葉書を送付してください(シート内に引受押印を不要とされる郵便切手がある場合は、当該シート(寸法21.25cm×14.025cm)を封入できる大きさの返信用封筒(送付先を明記し、必要な郵便切手をはり付けたもの)も送付してください。)。ただし、切手シートのままでの引受消印は取り扱いません。
なお、申込封筒の表面左横には、「公社設立引受」と朱書きしてください。

申し込み先(郵頼指定局)

押印方法 申し込み先
手押し 〒100-8799 千代田区丸の内2丁目7-2 東京中央郵便局 切手普及課
「公社設立・手押し」初日印係
押印機 〒100-8799 千代田区丸の内2丁目7-2 東京中央郵便局 切手普及課
「公社設立・押印機」初日印係

申込期限
平成15(2003)年3月22日(土)(当日消印有効)

特別通信日付印の意匠等

特殊通信日付印の意匠 (左、手押し用 右、記念押印機用)

絵入りハト印の意匠

左:手押し用 右:記念押印機用

和文ハト印等の意匠(左、和文ハト印 中、欧文ハト印 右、機械ハト印)

和文ハト印等の意匠

左:和文ハト印 中:欧文ハト印 右:機械ハト印

お問い合わせ先



押印サービス実施局

別表1 特印(手押し、押印機とも)、和文ハト印及び機械ハト印

地方別 郵便局名
北海道 札幌中央
東北 仙台中央
関東 横浜中央
東京 東京中央
信越 長野中央
東海 名古屋中央
近畿 大阪中央
中国 岡山中央
九州 福岡中央

別表2 特印(手押し)、和文ハト印及び欧文ハト印

地方別 郵便局名
北海道 旭川中央、函館中央及び釧路中央
東北 青森中央、盛岡中央、秋田中央、山形中央及び福島中央
関東 水戸中央、宇都宮中央、前橋中央、浦和中央及び甲府中央
東京 神田、日本橋、京橋、芝、上野、渋谷及び新宿
北陸 富山中央及び福井中央
東海 静岡中央及び津中央
近畿 大津中央、大阪東、奈良中央及び和歌山中央
中国 鳥取中央、松江中央、広島東、福山及び山口中央
四国 徳島中央、高松中央及び高知中央
九州 北九州中央、佐賀中央、大分中央及び宮崎中央

別表3 特印(手押し)、和文ハト印及び機械ハト印

地方別 郵便局名
関東 千葉中央
信越 新潟中央
北陸 金沢中央
東海 岐阜中央
近畿 京都中央及び神戸中央
中国 広島中央
四国 松山中央
九州 長崎中央、熊本中央及び鹿児島中央
沖縄 那覇中央

別表4 特印(手押し)

地方別 郵便局名
北海道 札幌大通、札幌西、豊平、岩見沢、函館東、留萌、小樽、室蘭、東室蘭、浦河、帯広、根室、北見及び千歳
東北 仙台南、仙台東及び郡山
関東 日光、高崎、横浜中、横浜港及び川崎中央
東京 東京 郵政事業庁内(4月1日から「日本郵政公社内」に改称)、 麹町、目黒、世田谷、中野、豊島、武蔵野、立川及び八王子
信越 新潟中及び松本
北陸 高岡、金沢南及び小松
東海 浜松、名古屋中、名古屋東、千種及び豊橋
近畿 中京、堺、長田、灘、尼崎及び姫路
中国 倉敷、広島西、呉及び下関
四国 松山西及び新居浜
九州 博多、早良、博多南、大牟田、長崎北、熊本東、都城及び鹿児島東
沖縄 那覇東、宮古及び八重山