日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです



世界遺産シリーズ 第8集

─古都奈良の文化財から春日大社、春日山原始林、元興寺、 薬師寺、唐招提寺及び平城宮跡をデザイン─

名称 世界遺産シリーズ第7集
種類 80円郵便切手
切手・意匠 世界遺産シリーズ第8集80円郵便切手
(1) 春日大社 廻廊 (2) 春日大社 中門
(3) 春日山原始林 (4) 元興寺 極楽坊禅室・本堂
(5) 元興寺 極楽坊五重小塔 (6) 薬師寺 西塔・東塔
(7) 薬師寺 薬師如来坐像 (8) 唐招提寺 金堂
(9) 唐招提寺 千手観音立像 (10) 平城宮跡 朱雀門
発行日 平成14(2002)年7月23日(火)
発行枚数 3,000万枚(10種連刷・各300万枚)
印面寸法 縦33.5mm×横25.0mm
版式刷色 グラビア6色
シート構成 10枚(10種連刷)
販売地域 全国の郵便局等にて販売
写真撮影 入江 泰(写真家):(1)(2) 奈良市写真美術館 蔵
麻賀 進(写真家):(3)(4)(10)背景
桑原 英文(写真家):(5)
後藤 親郎(写真家):(6)
小川 光三(写真家):(7)(8)(9) 飛鳥園 蔵
デザイン 森田 基治(技芸官)
背景 元興寺境内(花・ハルシャギク)

発行する郵便切手のデザイン等

第8集は「古都奈良の文化財」から春日大社、春日山原始林、元興寺、薬師寺、唐招提寺、平城宮跡

世界遺産シリーズ第7集及び第8集では、「古都奈良の文化財」をデザインします。
710年の平城京遷都から784年まで日本の首都であった奈良は、政治・経済・文化の中心地として繁栄しました。
長岡京・平安京(京都)遷都後は、平城京が置かれていたあたりは田畑となったものの、社寺の多くはこの地に残り、その後これらを中心とした町が新たに形成されました。京都に対して「南都」と呼ばれた各社寺周辺は、門前町として栄え、現在に継承されています。
こうした「古都奈良」において、平成10(1998)年12月に登録された世界遺産には、国宝25棟、重要文化財54棟を含む次の8つの資産群があります。

(1) 東大寺 (2) 興福寺 (3) 春日大社
(4) 春日山原始林 (5) 元興寺 (6) 薬師寺
(7) 唐招提寺 (8) 平城宮跡    

これらは、8世紀に中国大陸や朝鮮半島から伝播して定着し、日本で独自の発展を遂げ、以後の建築の規範として大きな影響力を保ち続けた仏教建造物群、社殿と一体となり、神聖な場として重視されてきた山などの文化的景観、古代宮都の考古学的遺跡などの重要な事例群です。

第8集では、以下の6社寺等をデザインしました。

春日大社
神の降臨する山として神聖視されていた御蓋山の麓に、768年、藤原氏の氏神を祀る神社として創建されました。国宝4棟(本社本殿)、重要文化財27棟

春日山原始林
841年に伐採が禁止されて以来、御蓋山とともに春日大社の社叢として保護されてきた経緯を持つ原始林で、古都奈良における文化的景観を構成する資産です。

元興寺
6世紀に蘇我馬子が造営した飛鳥寺が飛鳥から平城京に移された後、718年に元興寺となりました。国宝2棟(極楽坊禅室、本堂)、重要文化財1棟

薬師寺
天武天皇が皇后の病気平癒を願って発願し、697年に建立された官寺です。国宝2棟(東塔、東院堂)、重要文化財4棟

唐招提寺
759年に唐僧・鑑真が僧に戒律を学ばせるため創建した寺です。国宝5棟(金堂、講堂など)、重要文化財2棟

平城宮跡
平城京の北端に位置した宮城の遺跡で、宮城には、国の政治や儀式を行なう場である朝堂院、天皇の居所である内裏などがありました。宮城の南面中央の門である朱雀門は、平成9(1997)年に復原されました。

発売概要

販売地域

全国の郵便局等

シート構成

10枚(10種連刷)
なお、1枚から販売します。

通信販売

東京中央郵便局において通信販売を行います。

郵便振替による申込み
平成14(2002)年8月23日(金)までに、全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「切手注文専用振替用紙」でお申込みください。

郵便貯金の自動払込みによる申込み
特殊切手やふるさと切手を継続して購入御希望の方は、1回の申込みで継続して郵便切手の購入ができる郵便貯金の自動払込み制度を利用した通信販売サービスが便利です。全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「自動払込利用申込書」により平成14(2002)年7月19日(金)までにお申込みください。

郵趣のための押印サービス

押印サービスの実施

特別日付印による初日押印サービスを次表のとおり実施します。

区別 押印方法 記念押印 引受消印 取扱郵便局
絵入り 黒活 絵入り 黒活
窓口 手押し
(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)

(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)
取り扱う印ごとに
別表1から別表3までに示す郵便局
記念押印機
(機械ハト印のみ)

(機械ハト印のみ)
郵頼 手押し
(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)

(和文ハト印及び
欧文ハト印のみ)
奈良中央郵便局
押印機 - - - 大阪中央郵便局
(奈良中央郵便局名によるもの)

(注)

  1. 「郵頼」とは、郵便による初日押印の申込みのことです。
  2. 「絵入り」とは、絵入りハト印のことです。また、「黒活」とは、和文ハト印、欧文ハト印及び機械ハト印の総称です(これらの意匠については、下記の「特別日付印の意匠」を参照願います。)。
  3. 「引受消印」のうち欧文ハト印及び機械ハト印については、外国あてとするものに対するものに限ります。

郵頼による記念押印の申込方法

所要の郵便切手代金(郵便為替の「普通為替」又は「定額小為替」によること。) を添え、次の要領で「記念押印」及び「引受消印」の各別にお申込みください。

記念押印
郵便切手を貼る位置、郵便切手の意匠及び押印箇所を指定した封筒若しくは台紙又はこれらに類するもので材質が紙であるもの(1枚の大きさが23.5cm×12.0cm以内のもの。ただし、切手シートのまま記念押印を希望される場合は、22.9cm×16.2cm以上33.2cm×24.0cm以内のものとしてください。)に返信用封筒(返送先を明記し、必要な郵便切手を貼り付けたもの)を添え、送付してください。
なお、申込封筒の表面左横には、それぞれ次のとおり朱書きしてください。

1. 手押しによる押印 ・・・・・・ 「世界遺産8集記念」
2. 押印機による押印 ・・・・・・ 「世界遺産8集押印機記念」
(切手シートのままの記念押印は、手押しに限ります。)

引受消印
郵便切手の意匠を指定の上、あて名を明記した定形郵便物の大きさの封筒又は私製葉書を送付してください。ただし、切手シートのままでの引受消印は取り扱いません。
なお、申込封筒の表面左横には、「世界遺産8集引受」と朱書きしてください。

申し込み先(郵頼指定局)

押印方法 申し込み先
手押し 〒630-8799 奈良市大宮町5丁目3番3号 奈良中央郵便局 郵便課
「世界遺産8集・手押し」初日印係
押印機 〒530-8799 大阪市北区梅田3丁目2-4 大阪中央郵便局 調整課 気付
奈良中央郵便局「世界遺産8集・押印機」初日印係

お申し込み期限
平成14(2002)年7月13日(土)(当日消印有効)

特別通信日付印の意匠等

絵入りハト印の意匠

絵入りハト印の意匠

左:手押し用 右:記念押印機用

和文ハト印等の意匠

和文ハト印等の意匠

左:和文ハト印 中:欧文ハト印 右:機械ハト印

お問い合わせ先



押印サービス実施局

別表1 絵入りハト印(手押し、押印機とも)、和文ハト印及び機械ハト印

地方別 郵便局名
北海道 札幌中央
東北 仙台中央
関東 横浜中央
東京 東京中央
信越 長野中央
東海 名古屋中央
近畿 大阪中央
中国 岡山中央
九州 福岡中央

別表2 絵入りハト印(手押し)、和文ハト印及び欧文ハト印

地方別 郵便局名
北海道 旭川中央、函館中央及び釧路中央
東北 青森中央、盛岡中央、秋田中央、山形中央及び福島中央
関東 水戸中央、宇都宮中央、前橋中央、浦和中央及び甲府中央
東京 神田、日本橋、京橋、芝、上野、渋谷及び新宿
北陸 富山中央及び福井中央
東海 静岡中央及び津中央
近畿 大津中央、大阪東、奈良中央及び和歌山中央
中国 鳥取中央、松江中央、広島東、福山及び山口中央
四国 徳島中央、高松中央及び高知中央
九州 北九州中央、佐賀中央、大分中央及び宮崎中央

別表3 絵入りハト印(手押し)、和文ハト印及び機械ハト印

地方別 郵便局名
関東 千葉中央
信越 新潟中央
北陸 金沢中央
東海 岐阜中央
近畿 京都中央及び神戸中央
中国 広島中央
四国 松山中央
九州 長崎中央、熊本中央及び鹿児島中央
沖縄 那覇中央

今後の世界遺産シリーズの発行予定

  発行予定年月日 世界遺産名
第9集 平成14年 9月20日(金) 白川郷・五箇山の合掌造り集落
第10集 平成14年12月20日(金) 琉球王国のグスク及び関連遺産群
第11集 平成15年 3月下旬 原爆ドーム

前のページへ戻る