日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 平成12年特殊切手「子どもの本の日/国際子ども図書館開館記念郵便切手」


子どもの本の日/国際子ども図書館開館

●切手の内容
子どもの本の日/国際子ども図書館開館について  
国際児童図書評議会において、昭和42年(1967年)から童話作家アンデルセンの誕生日である 4月2日を「国際子どもの本の日」と定めていることに基づき、同評議会の日本支部である (社)日本国際 児童図書評議会においても、4月2日を「子どもの本の日」としています。    
また、我が国で初めての国立の子どもの本の図書館となる「国際子ども図書館」が平成12年(2000年) 5月5日(こどもの日)に開館します。衆議院及び参議院において、国立の国際子ども図書館が開館する 平成12年、西暦2000年を「子ども読書年」とする旨の決議がされました。

切手の意匠について
子どもたちが本を読んでいる姿や国際子ども図書館に読書を楽しみにやってくる姿を、夢と希望にあふれた楽しいデザインで描いています。  
これは、本を読む楽しさ、すばらしさ及び図書館が子どもと本の身近な出会いの場であることを表現しています。

子どもの本の日/国際子ども図書館開館記念
 
 
種類
80円郵便切手
意匠
子どもの本の日
国際子ども図書館開館
(A1),(A2) はなのおはなし
(B) ちょうちょになったわたし
(C1),(C2) みんなの図書館
(D)子どもと図書館
発行日
平成12年3月31日(金)
印面寸法
縦33.5mm×横28.05mm(A1),(A2),(B)
縦36.5mm×横28.05mm(C1)
縦35.0mm×横28.05mm(C2),(D)
版式刷色
グラビア6色
原画作者
杉田 豊(イラストレーター)
五味太郎(絵本作家)
シート余白原画 杉田 豊(イラストレーター)
デザイン 玉木 明(郵政省技芸官)