日本郵便
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです


日本郵便トップ > 平成16年ふるさと切手「秋田市建都400年記念」の発行


ふるさと切手「秋田市建都400年記念」の発行



秋田市建都400年記念
秋田市建都400年記念

発行する郵便切手のデザイン
・「秋田市建都400年」について
 初代秋田藩主である佐竹義宣(さたけよしのぶ)が、国替えにより常陸国(ひたちのくに)水戸城から入部したのが1602(慶長7)年。その2年後、現在の千秋公園に築いた久保田城に入城して本年でちょうど400年。秋田市では建都400年記念事業実行委員会を設置し種々イベント等の展開を予定しています。

・デザインについて
 秋田市(秋田県)にゆかりのある題材である「竿燈・なまはげ・秋田蕗」を、切り絵調に表現しています。切手の左右それぞれに竿燈となまはげを、背景に秋田蕗を表現しています。
「竿燈」は東北三大祭りの一つに上げられる秋田市のお祭りであり、国の重要無形民俗文化財に指定されています。
「なまはげ」は、民俗行事として全国に知られているものであり、無病息災・五穀豊穣を象徴する存在です。
「秋田蕗」は、秋田県地方特有の大蕗で、その大きさは葉柄の長さ2メ-トル、直径は1.5メ-トルにも及び、秋田音頭の中で「雨が降っても傘などいらぬ…」と歌われるほどです。


名称
秋田市建都400年記念
種類
50円郵便切手
意匠
竿燈(かんとう) なまはげ
発行日
平成16年6月1日(火)
印面寸法
縦33.0mm×横24.0mm
版式刷色
オフセット5色
原画作者
田口 隆廣(グラフィックデザイナー)

販売概要
(1)
販売場所
  青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県及び福島県内の各郵便局等並びに次の定例販売局
全国の中央郵便局
東京都、長野県及び新潟県内の全普通郵便局
北見、帯広、苫小牧、小樽、ひたちなか、土浦、下館、足利、高崎、大宮、越谷、川越西、所沢西、熊谷、木更津、佐倉、銚子、市川、柏、横浜港、平塚、座間、藤沢、横須賀、富士吉田、高岡、魚津、七尾、小松、敦賀、大垣、多治見、浜松西、沼津、千種、豊橋、岡崎、一宮、半田、春日井、四日市、大阪東、博多、博多南、久留米、飯塚、佐世保、八代、別府、鹿屋及び川内郵便局
シート構成 20枚(縦5枚・横4枚)
なお、1枚から販売します。
1:竿燈
2:なまはげ
(2)
通信販売の申込方法
  東京中央郵便局において、通信販売を行います。
  なお、6月1日(火)には、『東京の四季の花・木V(東京支社)』及び『神奈川県の花(南関東支社)』も発行されますので、セットでの申込みもできます。
「6月1日切手セット」通信販売料金表はこちら
郵便振替による申込み
平成16年7月1日(木)までに、全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「切手注文専用振替用紙」でお申込みください。
郵便貯金の自動払込みによる申込み
特殊切手やふるさと切手を継続して購入御希望の方は、1回の申込みで継続して郵便切手の購入ができる郵便貯金の自動払込み制度を利用した通信販売サービスが便利です。全国の普通郵便局及び特定郵便局全局に備付けの「自動払込利用申込書」により平成16年5月20日(木)までに必ずお申込みください。

郵頼による記念押印等の申込方法
所要の郵便切手代金(郵便為替の「普通為替」又は「定額小為替」によること。)を添え、次の要領で「記念押印」及び「引受消印」の各別にお申込みください。
(1)
記念押印
郵便切手をはる位置、郵便切手の意匠及び押印箇所を指定した封筒若しくは台紙又はこれらに類するもので、材質が紙であるもの(1枚の大きさが23.5cm×12.0cm以内のもの)に返信用封筒(返送先を明記し、必要な郵便切手を貼り付けたもの)を添え、送付してください。
なお、申込封筒の表面左横には、「秋田市建都記念」と朱書きしてください。
(2)
引受消印
 
郵便切手の意匠を指定の上、あて名を明記した定形郵便物の大きさの封筒又は私製はがきを送付してください。
なお、申込封筒の表面左横には、「秋田市建都引受」と朱書きしてください。
(3)
申込先(郵頼指定局)
申込先 〒010-8799
秋田市保戸野鉄砲町5-1
秋田中央郵便局 郵便調整室 初日印係
(4)
申込期限
 
平成16年5月21日(金)(当日消印有効)
日本郵政公社東北支社
連絡先:
日本郵政公社東北支社
担当:
郵便事業部営業課販売宣伝係
電話:
022-267-7776