#
郵便局
そばにいるから、できることがある。

ここからサイト内検索です
サイト内検索はここまでです

日本郵便トップ > 2019年10月1日(火)から郵便料金などが変わります。

2019年10月1日(火)から郵便料金などが変わります。消費税率の改定に伴い、郵便料金などを変更させていただきます。なお、変更後の料金に対応した額面の郵便切手、郵便はがき、レターパックなどを2019年8月20日(火)に発売いたします。

郵便、ゆうパックなどの新料金

消費税率の改定に伴い、2019年10月1日(火)から郵便料金などを変更させていただきます。
変更前後の料金などの一覧は、こちら(PDF774kバイト)をご覧ください。

主な郵便料金

種類 重量 9/30
までの
料金
10/1
以降の
料金
定形郵便物 25g
以内
82円 84
50g
以内
92円 94
定形外
郵便物
規格内
50g
以内
120円 120
100g
以内
140円 140
150g
以内
205円 210
規格外 50g
以内
200円 200
100g
以内
220円 220
150g
以内
290円 300
通常はがき 62円 63
  • 「規格内」は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内です。

郵便の主な特殊取扱料など

種類 9/30
までの
料金
10/1
以降の
料金
速達※1 280円 290
一般書留・現金書留※2 430円 435
簡易書留 310円 320
レターパックプラス 510円 520
レターパックライト 360円 370
  • 1 重量250g以内の場合の料金です。
  • 2 一般書留は損害要償額が10万円までの場合、現金書留は損害要償額が1万円までの場合の料金です。

ゆうパックの新基本運賃

あて先地域・ラベル あて先地域・ラベル 県内 第1地帯 第2地帯 第3地帯 第4地帯 第5地帯
60
サイズ
810円 870円 970円 1,100円 1,300円 1,430円
80
サイズ
1,030円 1,100円 1,200円 1,310円 1,530円 1,650円
100
サイズ
1,280円 1,330円 1,440円 1,560円 1,760円 1,890円
120
サイズ
1,530円 1,590円 1,690円 1,800円 2,020円 2,140円
140
サイズ
1,780円 1,830円 1,950円 2,060円 2,260円 2,390円
160
サイズ
2,010円 2,060円 2,160円 2,270円 2,490円 2,610円
170
サイズ
2,340円 2,410円 2,530円 2,640円 2,850円 2,980円
あて先地域・ラベル あて先地域・ラベル 第6地帯 第7地帯 第8地帯 第9地帯 第10地帯 第11地帯
60
サイズ
1,540円 1,030円 1,230円 1,350円 1,470円 1,550円
80
サイズ
1,750円 1,290円 1,510円 1,630円 1,730円 1,760円
100
サイズ
2,000円 1,570円 1,770円 1,900円 2,010円 2,010円
120
サイズ
2,240円 1,830円 2,050円 2,170円 2,270円 2,270円
140
サイズ
2,500円 2,110円 2,310円 2,440円 2,550円 2,550円
160
サイズ
2,720円 2,320円 2,540円 2,660円 2,770円 2,770円
170
サイズ
3,100円 2,700円 2,910円 3,060円 3,160円 3,160円

サイズ:A+B+C=170cm以下
重さ:25kg以下

  • 縦、横、高さの合計が170cm以下、重さ25kgまでのお荷物を、上記の基本運賃で発送できます。
    なお、25kgを超え30kgまでのお荷物は、「重量ゆうパック」として郵便局でのみお取り扱いいたします。
  • 差出地およびお届け先の住所によって運賃が異なりますので、こちらの地帯表(PDF168kバイト)をご確認ください。
  • 地帯区分は現在と変更ありません。

ゆうパケット・ゆうメールの新運賃

ゆうパケット

厚さ 1cm以内 2cm以内 3cm以内
運賃 250円 310円 360円

ゆうメール

重量 150g
以内
250g
以内
500g
以内
1kg
以内
運賃 180円 215円 310円 360円

新料額の普通切手、郵便はがき、レターパックなど

郵便料金の変更に伴い、新料額の普通切手、郵便はがき、レターパックなどを2019年8月20日(火)に全国の郵便局などで発売いたします。

【新料額の普通切手の一例】

切手画像

発売される普通切手などの一覧は、
こちら(PDF315kバイト)をご覧ください。


【新料額の普通切手の一例】

切手画像

発売される普通切手などの一覧は、
こちら(PDF315kバイト)をご覧ください。

郵便料金等の変更に伴う報道発表資料

消費税率の改定に伴う郵便料金の変更認可申請および変更届出などについて(2019.7.8)(PDF88kバイト)

よくあるご質問

郵便切手・郵便はがき・レターパック

  • 手持ちの旧料金の郵便切手や郵便はがき、レターパックなどは、10月1日(火)の料金改定以降も使用できますか?

    現在お手元にある郵便切手や郵便はがき、レターパックなどは引き続きご使用いただけますが、10月1日(火)以降に郵便物を差し出す場合は、10月1日(火)以降の料金との差額分の郵便切手を貼り足していただく必要がありますので、ご注意ください。

  • 手持ちの郵便切手を、新料額の郵便切手に交換することはできますか?

    新料額との差額および所定の手数料(郵便切手1枚につき5円)をお支払いいただければ交換することができます。

    (例)

    82円切手1枚を84円切手1枚に交換する場合、
     新料額との差額2円(84円-82円)+所定の手数料(5円)=7円
    をお支払いいただく必要があります。

    • 新料額の郵便切手などの販売開始日は8月20日(火)です。
  • 手持ちの62円の通常はがきを、新料額の63円の通常はがきに交換することはできますか?

    新料額との差額および所定の手数料(通常はがき1枚につき5円)をお支払いいただければ交換することができます。

    (例)

    62円の通常はがき1枚を、63円の通常はがき1枚に交換する場合、
     新料額との差額1円(63円-62円)+所定の手数料(5円)=6円
    をお支払いいただく必要があります。

    • 新料額の郵便はがきなどの販売開始日は8月20日(火)です。
  • 手持ちの360円のレターパックライトを、新料額の370円のレターパックライトに交換することはできますか?

    新料額との差額および所定の手数料(レターパック封筒1枚につき41円)をお支払いいただければ交換することができます。

    (例)

    360円のレターパックライト1枚を370円のレターパックライト1枚に交換する場合、
     新料額との差額10円(370円-360円)+所定の手数料(41円)=51円
    をお支払いいただく必要があります。

    • 新料額のレターパック封筒などの販売開始日は8月20日(火)です。
    • 10月1日(火)以降、レターパック封筒の交換手数料は、1枚につき42円となりますのでご注意ください。

郵便・荷物の料金・運賃

  • 9月30日(月)中ではあるが、郵便ポストの最後の郵便物などの取り集めが終了した後に投函した郵便物などの料金は、9月30日(月)までの料金になるのですか?それとも10月1日(火)以降の料金になるのですか?

    9月30日(月)の取り集め終了後でも、10月1日(火)の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函された郵便物などについては、9月30日(月)までの料金となります。

  • 料額が62円の往復はがきを9月30日(月)までに受け取った場合、10月1日(火)以降に返信部を差し出す際には、そのまま62円で差し出すことができますか?

    10月1日(火)以降に返信部を差し出す場合は新料金(63円)となりますので、不足料金分の郵便切手(1円分)を貼り足していただく必要があります。

  • 料金受取人払とする郵便物の料金は、10月1日(火)以降も料金受取人払の承認を受けた際の料金が適用されますか?

    差し出した日の郵便料金が適用されます。

    (例)

    8月1日(木)に、料金受取人払とする葉書(62円)の承認を受けた場合

    • 9月30日(月)までに差し出す場合 62円+料金受取人払手数料
    • 10月1日(火)以降に差し出す場合 63円+料金受取人払手数料
    • 9月30日(月)に差し出し、10月1日(火)以降に配達される場合も、9月30日(月)までの料金(62円)となります。
    • 料金受取人払の手数料は、10月1日(火)以降も変更になりません。
  • 国際郵便の料金も変更になりますか?

    国際郵便に関する料金は消費税法で免税とされているため、アメリカ合衆国軍事郵便局との間に交換される郵便物の料金を除き、料金の変更はありません。

その他

  • 9月中に郵便物を差し出す際、間違えて新料金分の郵便切手を貼ってしまいました。多く支払ってしまった料金は返還されるのでしょうか?

    差し出された日から1年以内に、配達の業務を行っている郵便局などで差出人さまより料金返還の手続をしていただければ、多く支払われた分の料金を郵便切手または現金でお返しします。その際、当該郵便物および差出人さまご本人であることが確認できる書類(免許証など)が必要です。

  • 10月1日(火)以降に、料額が62円の通常はがきを大量に差し出す場合、不足料金を一括で支払うことはできますか?

    郵便物1通ごとに不足料金分の郵便切手(62円の通常はがきの場合は差額の1円分)を貼り足していただく必要があります。



(C) JAPAN POST