サイト内検索

日本郵便トップ > はがきデザインキットの使い方 > 住所録データの読込/書出

はがきデザインキットの使い方

あて名面を作成しよう

住所録データの読込/書出

「住所読込」の操作方法

1.「住所読込」ボタンをクリックします。

2.「CSVファイル読込み」をクリック

3.OSダイアログから「読み込み元のファイル」を選択します。

4. 「読み込んだ後の内容」項目と照合しながら、「割り当てる項目」を各プルダウンから選択します。
入力を終えたら、「OK」ボタンをクリックし、あて名リストに正常に読み込まれているか確認します。

「住所書出」の操作方法

1.書き出したいデータを選択し、「住所書出」ボタンをクリック。

2.住所を書き出すCSVファイルの形式を設定し、「OK」ボタンをクリックします。

3.CSVに書き出したい項目にチェックを入れ、左下の「CSV書出」を押します。

4.CSVファイルが任意の場所に書き出されたことを確認してください。

各種サービスへの住所録の書出

各種サービスへ、インストール版はがきデザインキットでお使い頂いている住所録を移行することができます。

郵便局の総合印刷サービス用CSVの書出も可能です。
はがきデザインキット専用CSVフォーマットのダウンロード方法

はがきデザインキットでは、CSVファイルの読み込みがスムーズに行なえるように、専用のCSVフォーマットをご用意しています。

1.「住所読込」ボタンをクリック。

2.「デザインキット専用CSVをダウンロード」ボタンをクリックします。

3.OSダイアログから保存先とファイル名を設定し、「保存」をクリック。任意の場所にファイルがダウンロードできているかご確認ください。

CSVファイルの書き方(カテゴリ/送受履歴)

●カテゴリ欄

カテゴリ欄には、以下の文字を記載しないでください。
これらの文字が入っていますと、住所録一覧に正しく反映されない場合がありますので、ご注意ください。

  • 「,(半角/全角カンマ)」
  • 「;(半角/全角セミコロン)」
  • 「:(半角/全角コロン)」

●送受履歴欄

送受履歴の欄では、以下の点に留意いただき、ご記入ください。

1.各年の送受履歴の内容を、「;(半角/全角セミコロン)」で区切ります。

2019送;2019受;2020送;2020受

2.つづいて、「;(半角/全角セミコロン)」で区切られたセクションごと、西暦と送受履歴の内容を記入します。

  • ・送った=送
  • ・受けた=受
  • ・喪中を送った=喪中送
  • ・喪中を受けた=喪中受
  • ※「登録なし」の場合は、何も記入しません。
2019
西暦

送受履歴の内容
;
半角/全角セミコロン
2019
;
2020
;
2020

いくつか、記入例をご紹介します。

例1) 2019年(亥)の年賀はがきは、お互いにやり取りがあり、2020年(子)は、先方から喪中はがきをいただいた場合、このように記載します。

2019送;2019受;2020喪中受

例2) 2019年(亥)の年賀はがきは、お互いにやり取りがあり、2020年(子)は、先方へ年賀はがきを送った場合、このように記載します。

2019送;2019受;2020送

【特記事項】

以下の場合、住所録一覧に正しく反映されない場合がありますので、ご注意ください。

  • ※西暦の記載が間違っている場合(桁数が多い/少ない など)
  • ※送受履歴の記載方法が間違っている場合(送/受/喪中送/喪中受 以外の記載)