日本郵便賞

神奈川県 私立 桐光学園小学校 3年 風間 怜雄

前に戻る 作品の画像 次に進む

つたえたいあいて:おじいちゃん


講評

 家族ですごした河口湖の山の中。「ぼくには、ゆめのような場所でした」という表現に、れおくんのよろこび、こうふん、まんぞくがしっかりあらわれています。
 すずしい朝のさんぽで聞こえてきたのが、キツツキが木をつつく音だとわかって、「げん実のことなのか信じられなくて口がしばらく開いたままでした」とおどろきを表現したのもみごとでした。
 「とりこ」ということばも、よくえらびましたね。文を書くことのとりこにもなったかな。

苅谷 夏子 先生