文部科学大臣賞

埼玉県 春日部市立 正善小学校 2年 天野 馨優

前に戻る 作品の画像 次に進む

つたえたいあいて:先生


講評

 大好きな先生のけがが一日も早く治ってほしいという願いを届けるはがきです。
 けがをなさったと聞いたときの驚きと心配する気持ち、おけいこが休みになって先生に会えないさびしい気持ちなど、ゆれ動く気持ちがよく伝わってきます。
 けれども「ぼくはきめました。」と先生のおけいこが再開するまで一生懸命上手な字を書けるよう練習するという思いを強くしたのですね。
 この思いはきっと先生にしっかり届いたことでしょう。

水戸部 修治 先生