文部科学大臣賞

東京都 私立 暁星小学校 1年 中島 義凱

前に戻る 作品の画像 次に進む

つたえたいあいて:おじいちゃん


講評

 にわのすみで、じっとはっぱのうらをのぞきこむ一年生のすがたが目にうかびます。セミのぬけがらの足の先がとがっていたこと、せいいっぱい気をつけてつまんだこと、ちょっとひねるようにしてとったこと‐そういう小さなことにしっかり目をむけて、ことばにしているところがすばらしいです。
 セミみたいなだっぴはしないけれど、人間の子どもはこうやってまわりの世界を見つめながら、大きくなるのですね。

苅谷 夏子 先生