閉じる

NHK学園賞

大阪府 堺市立浜寺昭和小学校 6年 佐野川 良賀

作品

講評

 見ている人に、ストレートな気持ちと場面が伝わってくる絵手紙です。
 お餅は家で12月20日過ぎについて30日か31日には、なくなってしまうのでしょうか。とてもユニークに感じますが、言葉と絵が良くマッチしており、確かにあるなと思わされました。
 網の上で焼かれているお餅が、膨らんで焦げているのがまたいい。
 審査会場を和ませてくれた1枚です。

三浦 史明 先生